トヨタはコンパクトSUVの新型車C-HRを開発、トヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて12月14日に発売する。

グレードと価格

グレードは4種類。ハイブリッドはFF、ダウンサイジングターボエンジン車は4WDとなる。
S-T 1.2Lターボ+7速CVT 4WD 251万6400円
G-T 1.2Lターボ+7速CVT 4WD 277万5600円
S THSⅡ(1.8Lハイブリッド) 2WD 264万6000円
G THSⅡ(1.8Lハイブリッド) 2WD 290万5200円

TNGA第2号車

 C-HRは、「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革」であるTNGA(=Toyota New Global Architecture)の第2号車として投入された。TNGA第1号車のプリウスとプラットフォームを共通にしながらも、世界の様々な道での走行テスト・欧州の一般道路でのステアリングやショックアブソーバーのチューニングなど、運動性能にこだわってC-HRならではの「味付け」を実施。「レスポンス」・「リニアリティ」・「コンシステンシー」を突き詰めることで、コンセプトである「我が意の走り」を追求しているという。

C-HRの特長

●TNGAがもたらす高い基本性能に、運動性能を高める「味付け」を施し「我が意の走り」を実現
●TOYOTA独自のエモーショナルなデザイン表現により、軽快さと力強さが大胆に融合した個性際立つスタイリングを実現
●インテリアは、質感・形状・色など細部にこだわり大人の感性に響く意匠を追求したほか、メーターを中心とした操作パネルをドライバーに向けて配置するなど、運転に集中できるドライバーズ空間を実現
●高効率・小型・軽量化を追求したハイブリッドシステムを搭載し、ハイブリッド車はクラストップレベルの30.2km/Lを実現
●衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備し、安全運転支援に貢献

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.