クリーンディーゼルを搭載したボルボV40 D4に限定車「Rデザイン」が設定された。そもそも活発な走りを見せるV40 D4だけにRデザインとのマッチングは最高。新しい時代を予感させる、痛快な走りが楽しめるモデルだ。
画像1: 【試乗】ボルボ V40 D4 Rデザインは、ディーゼルスポーツらしい活発な走りが印象的

ボルボのクリーンディーゼル、D4はよくできたエンジンだ。最高出力190ps、最大トルクは400Nmで、ゆっくりと走っても低速域からトルクがあるので力強さを感じることができるし、必要に応じてアクセルペダルを踏み込むと鋭く加速する。

そんなクリーンディーゼルを搭載するV40 D4にスポーツモデル「Rデザイン」が登場したが、なぜこれまで設定されていなかったのか不思議なくらいだ。

V40 D4 Rデザインは、専用の内外装やスポーツサスペンションを組み込んで、スポーティかつダイナミックな走行性能を実現した限定車。足まわりはモノチューブリアダンパーに強化スプリングを組み合わせた専用スポーツサスペンションと18インチ専用アルミホイールを採用している。

また、今回試乗した車両はディーラーオプションの「ポールスターパフォーマンスパッケージ」を装着しており、最高出力は200psに、最大トルクは440Nmまでパワーアップされていた。このポールスターパフォーマンスパッケージはROMをチューンして出力やトルク特性を変更してパフォーマンスを向上させるもので、同時にアクセルレスポンスやギアチェンジのスピードも速められ、とくに中低速回転域での性能が高められている。

画像: 試乗車は「ポールスターパフォーマンスパッケージ」装着、最高出力は200ps、最大トルクは440Nmにアップ。

試乗車は「ポールスターパフォーマンスパッケージ」装着、最高出力は200ps、最大トルクは440Nmにアップ。

街中を抜けて、ワインディングに向かう。回して楽しいエンジンではないが、逆に高回転を保つ必要がなく、どこからでもトルクが沸き上がる感じ。トルクの谷間のようなものもない。登り坂でも3速のままグイグイと加速していく。アクセルペダルを踏み込めば、その分だけトルクが出てくるのでとても使いやすい。このクルマにとってワインディングは得意分野であるようだ。官能的なサウンドは望めないが、その加速感はとても気持ちがいい。フロントの動きがクイックに仕上げられているのも好感を持った。

こうしたフィーリングは街中でもそれほど変わらない。ジワッとアクセルペダルを踏み込めば、もりもりと加速していく。Rデザイン専用の足まわりはやや硬めだが、乗り始めにそう感じるくらいで、しばらくすると気にならなくなる。

Rデザインは、専用の本革スポーツシート/ハンドル/液晶デジタルメーターに加え、パノラマガラスサンルーフ、プレミアムオーディオシステム、縦列駐車支援システム、歩行者エアバッグなども標準装備。外装では専用のシルクメタルドアミラー/リアディフューザー/エンドパイプなども装着される。

これで車両価格は459万円(ポールスターパフォーマンスパッケージはプラス18.8万円)というから魅力だ。BMWやメルセデスベンツにも、このセグメントでここまでのスポーツディーゼルは存在しない。ライバルへの先制攻撃という意味もあるのだろうが、限定200台はすぐに売り切れてしまいそうだ。(文:松本雅弘/写真:村西一海)

画像: スタートダッシュより、60-80km/hあたりからの中間加速がとくに素晴らしい。太いトルクのおかげだ。

スタートダッシュより、60-80km/hあたりからの中間加速がとくに素晴らしい。太いトルクのおかげだ。

●主要諸元<V40 D4 Rデザイン>
全長×全幅×全高=4370×1800×1440mm 
ホイールベース=2645mm 
車両重量=1550kg 
エンジン=直4DOHCディーゼルターボ  1968cc 
最高出力=140kW(190ps)/4250rpm 
最大トルク=400Nm(40.8kgm)/1750-2500rpm 
トランスミッション= 8速AT  
駆動方式=FF  
タイヤサイズ=225/40ZR18 
車両価格=4,590,000円 
※取材車両のボディカラーはパワーブルーメタリック。取材車両はポールスターパフォーマンスパッケージを装備、最高出力/最大トルクは200ps/440Nmにアップ、税工賃込みで188,000円。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.