LEXUS GAZOO Racingは、2017年シーズンに日本と米国で開催されるGT3カテゴリーのレース参戦に向けた車両として「LEXUS RC F GT3」を投入する。デビュー戦はデイトナ24時間レース、日本ではSUPER GTシリーズ(GT300)に参戦する。
画像1: 【レース】LEXUS RC Fを2017シーズンGT3カテゴリーに投入 2017年1月13日

「LEXUS RC F GT3」は、LEXUSのハイパフォーマンスクーペ「RC F」をベースに、世界的に人気の高いGT3カテゴリーのレースに参戦することを目的に開発したレース車両である。

同モデルは、世界三大耐久レースの1つである「デイトナ24時間レース」(2017年1月26日(木)~29日(日)※米国時間)でのデビューを皮切りに、2017年シーズンは日本、米国において各2台をレースに投入。米国では、IMSA WeatherTech SportsCar ChampionshipシリーズのGTDカテゴリーにおいて3GT Racing(スリージーティーレーシング)から、日本では、SUPER GTシリーズのGT300クラスにおいてLMcorsa(エルエム・コルサ)から参戦する予定。

専務役員を務める、福市得雄(ふくいち とくお/Lexus International President)、嵯峨宏英(さが こうえい/TOYOTA GAZOO Racing Factory 本部長・Technical Director)は、「LEXUS RC F GT3」の投入について、それぞれ次のように述べている。

Lexus International 福市得雄 Presidentのコメント

「LEXUSは想像を超える驚きと感動を生み出すため、ラグジュアリーライフスタイルブランドとして更なる飛躍を目指します。今回のカスタマーモータースポーツへの参画により、ハイパフォーマンスモデル“F”の走りを磨くとともに、お客様に驚くべき経験を提供してまいります。」

TOYOTA GAZOO Racing Factory 嵯峨宏英 本部長・Technical Directorのコメント

「カスタマーレーシングの最高峰であるGT3カテゴリーに、このLEXUS RC F GT3を投入できることができてうれしく思います。まずは、アメリカと日本のレースに合計4台投入しますが、将来的には世界中のお客様に広くご愛顧いただけるモデルに育てていきたいです。」

LEXUS GAZOO Racingは、市販車ベースのGT3カー「LEXUS RC F GT3」の投入を通じて、参加型モータースポーツにこれまで以上に注力し、LEXUSの走りのイメージを強化していくとともに、より多くの人々に驚きと感動を提供していく。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.