東洋ゴム工業の子会社で、NITTOブランドタイヤの国内販売を行うニットージャパン株式会社は、ハイエンドカー向けのUHP(Ultra High Performance=ウルトラ・ハイ・パフォ-マンス)タイヤ「NT555 G2」と、優れた低燃費性能を持つSUV用タイヤ「NT421Q」の新商品2種を、本年2月10日(金)より、全国で発売開始する。
NT555 G2は全31サイズ、NT421Qは全12サイズ。価格はともにオープン。
画像: 【タイヤ】NITTOブランドタイヤの新商品を国内市場に投入 2017年1月13日

「NT555 G2」商品概要

出力が高く、トルクの大きなエンジン性能を有するハイエンドカーには、路面をしっかり捉える優れたグリップ力がタイヤに求められる。この要求に応える「NT555 G2」(従来品NT555の後継モデル)は、操縦安定性や優れたドライグリップ性能を継承し、UHPタイヤでありながら転がり抵抗性能とウェットグリップ性能を高い次元で両立した低燃費性能をも備えた新商品だ。

画像: 「NT555 G2」商品概要

「NT555 G2」商品説明

■トレッドゴム配合技術
低燃費シリカ配合を採用し、ドライ/ウェット双方のグリップ力を向上させながら、転がり抵抗を低減。

■パターンデザイン
方向性パターンは従来品NT555のデザインエッセンスを継承。新たにツインセンターリブを採用し、4本の縦溝で操縦安定性を高めるとともに排水性も向上しました。また、テーパーブロックと高剛性ショルダーブロックによって、コーナリング時の安定性とグリップ力を向上している。

画像: 「NT555 G2」商品説明

■タイヤ構造設計
高張力レーヨンプライと高剛性プライトッピング、高張力ベルトや高硬度ビードフィラーを採用し、高い剛性を確保したタイヤ構造を実現。コーナリング時の安定性と、ハンドル操作時に早い レスポンスを得るステアリング応答性を向上している。

■性能評価結果
トーヨータイヤ独自の材料設計基盤技術「Nano Balance Technology」を駆使したゴム配合により従来品NT555と比較してウェット制動距離を7%短縮している。

「NT421Q」商品概要

新商品「NT421Q」は、大口径タイヤに履き替えてカスタマイズを楽しむ街乗りSUVの愛好家に提案する、SUV専用のラグジュアリー低燃費タイヤ。
ウエットグリップ性能と転がり抵抗性能を高次元で両立し、展開する全てのサイズで国内タイヤラベリング制度における転がり抵抗性能「A」/ウェットグリップ性能「b」を取得。ユニークでスタイリッシュな非対称トレッドパターンを採用し、街乗りでも快適な静粛性と乗り心地を実現している。

画像: 「NT421Q」商品概要

「NT421Q」商品説明

■トレッドゴム配合技術
低燃費シリカ配合によって転がり抵抗を低減。耐摩耗ポリマーとウルトラグリップポリマーの採用により、摩耗ライフを損なうことなくウェット性能をバランスよく向上した。

■パターンデザイン
トレッド部の縦溝内を通る空気の流れを意図的に制御する「クァイエットセレーションデザイン」を採用することで、パターンノイズを低減し、上質な静粛性を実現。アウトサイド側を大型ブロックとし、コーナリング時の走行安定性を向上している。また、合計3本のワイドストレートリブによって高い排水性を実現している。

画像: 「NT421Q」商品説明

■タイヤ構造設計
補強プライによってロードノイズを低減し、街乗りでの乗り心地(快適性)を向上しました。 また、高硬度プライトッピング、高硬度ビードフィラーを採用することにより、高い剛性を持つタイヤ構造を実現、操縦安定性やコーナリング性能、ステアリング応答性も向上している。

■性能評価結果
従来品NT420Sと比較して騒音エネルギーを29%低減。「Nano Balance Technology」を駆使した材料開発により、転がり抵抗性能は従来品比で17%低減している。


これら新商品は、双方ともに、トーヨータイヤ独自の材料設計基盤技術「Nano Balance Technology(ナノバランステクノロジー)」で高度に制御された材料開発をはじめ、求められる性能を引き出す構造設計やパターンデザインの採用によって生み出されたものだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.