4月に岡山で開幕した2016年スーパーGT選手権は11月の最終もてぎ戦まで、年間8戦でシリーズチャンピオンが争われました。(第3戦オートポリスは震災により11月最終ラウンド、ツインリンクもてぎでの2レース開催)
モータースポーツファンの皆様にとっては2017シーズンの開幕が待ち焦がれるかと思いますが、このシーズンオフの間に昨年のシリーズをおさらいしておきましょう。まずはGT500クラスから各ラウンドを振り返ります。
画像1: 2016スーパーGT【GT500編】scene01 Rd01 岡山国際サーキット

開幕戦となった4/9,10岡山国際サーキットでは、2015年度でスーパーGT500クラスのドライバーを引退した脇阪寿一選手のセレモニーが決勝レース前に行われました。通算11勝、シリーズチャンピオン3回を獲得した通称「ミスターGT」には我々カメラマンに対しても温かく接していただき感謝しています。大変お疲れ様でした。

画像2: 2016スーパーGT【GT500編】scene01 Rd01 岡山国際サーキット

土曜日の予選セッション、Q1でトップタイムを出したのは何と今回がGT500デビューレースとなる 46号車 S Road CRAFTSPORTS GT-R の千代勝正選手。TEAM IMPUL の星野一義総監督もビックリで思わず握手。

画像3: 2016スーパーGT【GT500編】scene01 Rd01 岡山国際サーキット

ポールポジションが決まる予選Q2では、レクサス勢が速さをみせました。37号車 KeePer TOM'S RC F の平川亮選手が2年連続となる岡山でのポールを獲得。2番手となった6号車 WAKO'S 4CR RC F の脇阪監督「速すぎるワ」、平川選手「翼をさずかりました」

画像4: 2016スーパーGT【GT500編】scene01 Rd01 岡山国際サーキット

GT-Rのドライバー達からは「してやられた感」がありあり。1号車 MOTUL AUTECH GT-R のロニー・クインタレッリ選手と46号車の本山哲選手。でも決勝に向けては「心配ナイネー」
そう、彼らが履くのは「本番」に強いと評判のミシュランタイヤなのです。

画像5: 2016スーパーGT【GT500編】scene01 Rd01 岡山国際サーキット

翌日曜4/10、14:45に82周の決勝レースがスタート。特に波乱もなく、レクサス勢のワン・ツーの後方から3台のGT-Rが追う展開です。さらにその後方に4台のレクサス、GT-Rが1台。

画像6: 2016スーパーGT【GT500編】scene01 Rd01 岡山国際サーキット

ハイブリッドシステムを降ろして2016シーズンを戦うホンダNSX CONCEPT-GT勢は、予選では後方に沈みました。決勝でも徐々にレクサス、ニッサン勢から遅れをとり始めます。

画像7: 2016スーパーGT【GT500編】scene01 Rd01 岡山国際サーキット

レース序盤、トップの37号車が2番手の6号車以降に差を広げる快走をみせます。それを逃がすものかと3番手の1号車が6号車に徐々に接近。レクサスRC F対ニッサンGT-Rのバトルが幕を開けます。

画像8: 2016スーパーGT【GT500編】scene01 Rd01 岡山国際サーキット

28周目に6号車を抜いた1号車ロニー・クインタレッリ選手は、そのままの勢いでついにトップの37号車に追いつき激しくプッシュ。タイヤの限界を感じていた37号車ジェームス・ロシター選手は無理をせずに35周でピットイン、平川亮選手に交代です。

画像9: 2016スーパーGT【GT500編】scene01 Rd01 岡山国際サーキット

暫定のトップとなった1号車はその3周後ピットインします。ここでピット作業の速さで定評のある1号車NISMOのクルーは、交代した松田次生選手を難なく37号車の前へ送り出すことに成功。40周が終了し全車のピットインが完了すると MOTUL AUTECH GT-R は完全に首位に立ち、そのまま82周を走りきり貫禄のトップチェッカー。

画像10: 2016スーパーGT【GT500編】scene01 Rd01 岡山国際サーキット

1号車の独走劇の後方で、レース終盤に観客を大いに沸かせたのが2番手争いでした。37号車ポールゲッター「翼をさずかった」平川選手と、46号車Q1最速ドライバー千代選手が10周にもわたりテール・トゥ・ノーズ状態。順位こそ変わりませんでしたが、若手2人の熱く冷静な戦いにファンは大満足だったことでしょう。

画像11: 2016スーパーGT【GT500編】scene01 Rd01 岡山国際サーキット

苦戦を強いられたホンダ勢の最上位は100号車 RAIBRIG NSX CONCEPT-GT
トップから1周遅れの10位でフィニッシュ。

画像12: 2016スーパーGT【GT500編】scene01 Rd01 岡山国際サーキット

歓喜のロニー選手と抱擁する松田選手、もう何度も見てきた光景です。ディフェンディングチャンピオンの1号車 MOTUL AUTECH GT-R、強過ぎじゃありません?

画像13: 2016スーパーGT【GT500編】scene01 Rd01 岡山国際サーキット

いかがでしたでしょうか。次回は第2戦、まさかの結末!富士スピードウェイ編を振り返ります。
(PHOTO:井上雅行)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.