コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、ドライブをより快適に楽しみたいドライバーニーズに対応し、卓越した静粛性と乗り心地をさらに追及した「ComfortContact CC6(コンフォート・コンタクト・シーシー・シックス)」を2017年2月15日(水)より順次発売する。
発売サイズは32サイズで、価格はオープンプライス。コンパクトカーからラグジュアリーカー、ミニバンまで幅広い車種に適合する。
画像: 【タイヤ】コンチネンタル「コンフォートコンタクトCC6」が2月15日から日本発売【新商品】2017年1月25日

ComfortContact CC6とは?

「ComfortContact CC6」は、前モデルである「ContiComfortContact CC5」と比べ、さらなる快適性能、静粛性、耐摩耗性を追及しつつも、燃費性能、ハンドリング性能、ウェットブレーキ性能、ドライブレーキ性能の向上にも成功。
走行時の快適さを追及して新たに開発した3つの最新システム「ハーモニックコンフォートチャンバー」、「ゼロデシベルイーター」、「ウィスパーコンパウンド」の採用により、ノイズレベルを極限レベルまで低減させ、スムーズで快適なドライビング性能を実現した。

画像: ▲先代モデルコンチコンフォートコンタクト5との比較。全体的に性能向上しているが、なかでも耐摩耗性は大幅にアップしている。

▲先代モデルコンチコンフォートコンタクト5との比較。全体的に性能向上しているが、なかでも耐摩耗性は大幅にアップしている。

発売サイズ

13〜18インチ、45〜70扁平まで全32サイズを用意する。

画像: 発売サイズ

どんなタイヤ?

これは、ブリヂストンで言えば「レグノ」、ダンロップで言えば「ビューロ」など、プレミアムコンフォートと呼ばれる種類のタイヤになります。価格はオープンプライスなのでまだ分かりませんが、おそらくライバルはそのあたりになってくると思われます。

トレッドパターンを見ても、おもに静粛性を高めたタイヤとなっています。とくにイン側のパターンの、「手裏剣」のようなデザインに特徴が見られますが、これは「ハーモニックコンフォートチャンバー」といって、ノイズキャンセルの役目をするそうです。

画像: どんなタイヤ?
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.