コンチネンタルタイヤ・ジャパン)は、アジア太平洋地域の市場専用に開発された新しい製品ライン「UltraContact UC6(ウルトラ・コンタクト・ユーシー・シックス)」を2017年2月15日(水)より順次発売する。
発売サイズは32サイズで、価格はオープンプライス。コンパクトカーからラグジュアリーカー、ミニバンまで幅広い車種に適合している。
画像1: 【新製品】コンチネンタル「ウルトラコンタクトUC6」2月15日より発売開始【タイヤ】 2017年1月25日

UltraContact UC6とは?

ドライブレーキ性能、ウェットブレーキ性能、快適性能、静粛性能、燃費性能をはじめ、ドライビングに求められるあらゆるパフォーマンスを高次元で兼ね備えたオールラウンドタイヤ。「Ultra(ウルトラ)」の名前は、ドイツで培われたテクノロジーにより開発されたトップレベルのパフォーマンスを表しているという。

発売サイズ

16〜18インチ、45〜65シリーズまで全32サイズ。価格はすべてオープン。

画像: 発売サイズ

どんなタイヤ?

アジア太平洋地域専用のタイヤということで、従来からあるエココンタクトやスポーツコンタクト、プレミアムコンタクトというタイヤのすき間を埋める性格のタイヤとなっています。グリップと耐摩耗性の両立、など、最新のタイヤらしく全体的にバランスの良さがウリとなる商品です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.