マツダはND型ロードスターのハードトップモデル「ロードスターRF」の累計受注台数が、1月23日時点で2385台に達したと発表しました。この数はロードスターRFの月間販売計画台数の約9.5倍に相当します(月間販売計画は250台)。

画像: ▲2016年12月22日に発売されたロードスターRF。

▲2016年12月22日に発売されたロードスターRF。

グレード別の受注構成比は「S」が17%、「VS」が61%、「RS」が22%となっています。
トランスミッション別の受注構成比は、ATとMTが約5割ずつとなっています。さらにボディカラーの受注状況についても発表され、一番人気はマシーングレープレミアムメタリックで48%が選択。ソウルレッドプレミアムメタリックは2番目で購入者の20%が選択しています。

画像: ▲人気のボディカラー、ソウルレッドプレミアムメタリック(左)とマシーングレープレミアムメタリック(左)。

▲人気のボディカラー、ソウルレッドプレミアムメタリック(左)とマシーングレープレミアムメタリック(左)。

「オープン時・クローズ時双方のスタイルが良い」「スタイル・荷室スペースを犠牲にしていないことが魅力」とユーザーの評価が上々なロードスターRFは、セールス面の滑り出しも上々と言えそうです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.