日産自動車の軽自動車「デイズ」の仕様を向上して、1月26日から発売を開始した。今回の一部仕様向上では、クルーズコントロールをターボ・グレードに標準装備し、高速巡航時の快適性を向上させた。

また、ステアリングスイッチやGPSアンテナなどがセットになった、日産オリジナルナビ取付パッケージを全グレードに標準化するとともに、リーズナブルな価格を設定。さらに、新色としてプレミアムサンシャインオレンジとブロッサムピンクの2色を追加。全14色もの幅広いカラーバリエーションが揃った。また、かねてより要望のあった細い缶にも対応できるカップホルダーを採用することで使い勝手を向上させている。なお、4WDの「ハイウェイスターG ターボ」を除く全グレードが、自動車取得税と自動車重量税の減税に対応している。

画像: ターボグレードにクルーズコントロールを標準装備・高速道路の巡航がさらに快適になった。

ターボグレードにクルーズコントロールを標準装備・高速道路の巡航がさらに快適になった。

画像: 新色のボディカラー「ブロッサムピンク」。これからの季節にぴったりの心弾む新色だ。

新色のボディカラー「ブロッサムピンク」。これからの季節にぴったりの心弾む新色だ。

画像: 細い缶にも対応するドリンクホルダーを新採用。

細い缶にも対応するドリンクホルダーを新採用。

車両価格は?

画像: 車両価格は?
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.