マイボイスコムが2016年12月に実施した「カーナビの利用に関するインターネット調査」の結果を発表。興味深いデータを拾い読みしてみた。
画像: 【利用調査】ナビ所有者の約5割が純正ナビ。スマホ連携を利用してる人は2割。カーナビアプリ利用者は4割弱。

スマホとカーナビ、つないで使ってますか?

あなたの愛車にはカーナビ付いてますか? どんな使い方をしていますか?
今回の調査によると…

カーナビ機器の所有率は全体の6割弱、 自動車所有者(全体の7割強)の約75%。

でした。クルマ買ったらカーナビも、というユーザーが大半。カーナビはもう生活必需品ですね。
どのメーカーのナビを使っているかというと、

「サイバーナビ」「楽ナビ」を擁するカロッツェリア(パイオニア)が5.9%。
パナソニックの「ゴリラ」「ストラーダ」、富士通テン「ECLIPSE(イクリプス)が3~4%。 自動車メーカー等の「純正カーナビ」が54.9%。

長年、カーナビ業界を引っ張ってきたパイオニアが首位独走かと思いきや、半分以上を純正ナビが占めています。組立工場でライン装着されるメーカーオプションナビと、ディーラーで取り付けるディーラーオプションナビを合わせた数値です。
ダッシュパネルと一体化した美しい仕上がりが魅力だったり、オプション品は新車購入時の値引き交渉に使われたりもするので、よほどカーナビのブランドにこだわりがなければ、純正ナビを選んじゃいますね。

近頃、スマートフォンをBluetoothやUSBケーブルで接続できるカーナビが増えてます。スマートフォンの世帯普及率は72.0%、個人普及率は53.1%(総務省「平成27年通信利用動向調査」より)と、スマートフォンユーザーが増えているためですね。

カーナビとスマートフォンを連携して利用している人は、カーナビ所有者の2割。
「スマートフォン内の音楽をカーナビで再生する」が1割、
「スマートフォンのハンズフリー通話」が1割。

画像1: myel.myvoice.jp
myel.myvoice.jp

だそうです。
へ~、そんなもんすか。数年前のナビだと、スマホ連携できないものもありましたからね。
でも、このデータはカーナビのメーカーで違いがあります。
アルパイン、クラリオンのカーナビユーザーだと、 「スマートフォン内の音楽をカーナビで再生する」人が4割もいました!

Appleの「CarPlay」、Googleの「AndroidAuto」 対応のカーナビも登場してます。スマートフォンの機能をカーナビの大きな画面で操作できるので、安全にも効果有り!の最新機能です。

対応カーナビ所有者の利用率は、 「ほぼ毎回」「時々」を合わせて4.6%。

にとどまりました。これはもったいない。

カーナビアプリ、使ってますか?

調査では、カーナビアプリ利用状況も聞いています

自動車所有者のうち、 スマートフォンやタブレットのカーナビアプリ利用者は
「ほぼ毎回利用する」「時々利用する」「あまり利用しない」を合わせて4割弱。
インダッシュタイプのカーナビ利用者の5割強、 カーナビ非所有者の3割強がカーナビアプリを利用。
カーナビアプリを「毎回利用する」「時々利用する」人の合計は2割強。

画像2: myel.myvoice.jp
myel.myvoice.jp

カーナビアプリの利用者はかなり増えていますね。
「Yahoo!カーナビ」のように、無料でVICSの渋滞情報まで使えるアプリが出てくると、「たまに使うだけだから、ナビアプリでいいや」というドライバーも増えて当然でしょう。

純正ナビ、市販ナビ、ナビアプリと選択肢が増えたのは、ユーザーにとっては非常にいいことです。ワタシ個人的には、スマホではちょっと画面が小さくて、大画面ナビの見やすさには勝てない今日この頃ですけど。
クルマは命を載せて走るもの。そして、カーナビは安全に目的地まで案内してくれる相棒です。AV機能が充実しているナビは、移動時間を楽しくしてくれるエンタテイナーでもあります。
いつ、どんな道を、誰を載せて走るのか? ドライブシーンに合ったカーナビを選んで下さいね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.