フォルクスワーゲンから新型ティグアンが登場した。その真価を探るべくハイライン、Rラインの2台で長距離ドライブを敢行。乗れば乗るほどあらゆる面での完成度の高さを感じ取ることができた。詳しくはMotor Magazine 3月号を御覧下さい。

内外装から走りに至るまで、新型ティグアンは格段の進化

Motor Magazine 2017年3月号の第一特集「素顔のフォルクスワーゲン」では、日本に上陸した新型ティグアンをはじめとした最新情報とともに、フォルクスワーゲンの「いま」そして「これから」に迫ります。

この他にフォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア代表取締役社長のインタビューをはじめ、パサートヴァリアント、トゥーラン、ゴルフ、ポロのインプレッションなどを紹介します。

第ニ特集「最新モデルで知る「S」と「43」は、アウディS4に見る「S」モデルの真価、 メルセデスAMG E43 4マティックから探る「43」シリーズの意義をテーマに展開します。

特別企画は「北米国際モーターショーのレポート」、「メルセデスベンツが好調な理由」、「スウェーデンで理解したボルボの本質とV90 T6 AWD試乗」、「東京オートサロン2017で予感したホイールクライマックス」などです。

画像: ティグアン TSI Rラインとティグアン TSI ハイラインの2台をテスト。比較してわかったそれぞれの個性。

ティグアン TSI Rラインとティグアン TSI ハイラインの2台をテスト。比較してわかったそれぞれの個性。

画像: Motor Magazine3月号は2月1日発売。定価1000円

Motor Magazine3月号は2月1日発売。定価1000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.