安全性だけでなくデザインでも注目を集めているボルボ。ここ数年、アメリカや中国をはじめ、日本でも販売台数を伸ばしているんです。その躍進の秘密を探るべくボルボの本拠地、北欧はスウェーデン・イェーテボリへ行ってきました!本編はモーターマガジン2017年3月号をご覧いただくとして、ここでは誌面で掲載しきれなかった“こぼれ話”をいくつか載せていこう。今回は、意外にも雪のなかったイェーテボリをご紹介。
画像: イェーテボリ中央駅の駅舎。

イェーテボリ中央駅の駅舎。

スウェーデン第二の都市・イェーテボリってこんなとこ

成田空港を出発し、デンマーク・コペンハーゲン経由で約13時間をかけて到着したボルボの本拠地イェーテボリ(Göteborg)。ゴーセンバーグとかヨーテボリ、エーテボリなんて呼ばれることもある。

首都ストックホルムから西南西へ約400kmに位置し、スウェーデン第二の都市として栄えている。位置や経済性など、なんだか東京と大阪の関係に似ていると思いませんか?

南北に長い国土を持つスウェーデンのなかでもイェーテボリはかなり南に位置するため、私の行った12月中旬といっても凍えるような寒さではない。氷と雪の国・北欧、というイメージを持っていたが、気温は-2〜2度と日本の真冬と大差なく滞在中に雪が降ることはなかった。

日本で“原則使用禁止”となっているスタッド(スパイク)タイヤで走るクルマも多かったので、もしかしたらこれからが冬本番なのかもしれない。

クリスマス直前だったこともあり、街中の建物や街路樹は電飾でライティングされているもののどこか落ち着いた雰囲気。日本のように煌々と明かりが灯っていることはなかった。

というのも、スウェーデンにはロウソク文化がいまだに強く残っており、ホテルやレストランはもちろん、自宅でもロウソクの暖かい明かりを灯しているのだという。薄暗いレストランで火を見ながらの夕食なんて…オシャレじゃありませんか。癒されますよぉ。

さて、次回はもう少しクルマの話題を盛り込んで、「スウェーデンのクルマ事情」をお送りしましょう!

画像: イェーテボリ中央駅の駅舎内。木材を多用した造りや照明の色合いなど、温かみのある落ち着いた雰囲気を醸し出している。

イェーテボリ中央駅の駅舎内。木材を多用した造りや照明の色合いなど、温かみのある落ち着いた雰囲気を醸し出している。

画像: イェーテボリ中央駅のホーム。午後6時過ぎの帰宅時間帯と思われるが、混雑している雰囲気はない。

イェーテボリ中央駅のホーム。午後6時過ぎの帰宅時間帯と思われるが、混雑している雰囲気はない。

画像: 駅舎に併設されている路線バス乗り場。確認できなかったが、乗り場が30番まではありそうだ。しかもバスの全長が長い!

駅舎に併設されている路線バス乗り場。確認できなかったが、乗り場が30番まではありそうだ。しかもバスの全長が長い!

画像: 飛行機や鉄道、路線バスに加えて路面電車も市内を走っている。

飛行機や鉄道、路線バスに加えて路面電車も市内を走っている。

画像: 東京23区でも実施されているレンタサイクルの一種かもしれない。電動自転車のようには見えないが……。

東京23区でも実施されているレンタサイクルの一種かもしれない。電動自転車のようには見えないが……。

画像: ホテル前に並ぶタクシーたち。日本未導入のV90タクシー仕様が早くも走っている!

ホテル前に並ぶタクシーたち。日本未導入のV90タクシー仕様が早くも走っている!

画像: ホテルやレストランで発見したロウソクの灯り。

ホテルやレストランで発見したロウソクの灯り。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.