デザイン、パフォーマンス、セイフティなどすべての魅力を独自のスタンスで磨き抜いてきたボルボが、もっと「スタイリッシュに速く楽しくなる」純正カスタムパーツを発売した。ブランドはもちろん「ポールスター」。果たして、どんな「違い」を体感できるのだろう。

適度にローダウンできる「シャシーセット」。スポーティ感はRデザインを凌ぐ

www.volvocars.com

ショックアブソーバーとコイルスプリングを交換する「シャシーセット」は、5mm〜25mmほど車高がローダウンされる。これみよがしにではなく、さりげなく精悍な佇まいをアピールできそう。重心位置が下がると挙動にも安定感が増すハズだ。

「Rデザイン」のスポーツシャシーはノーマル比で約20%ほどスプリングの硬度が高いが、このセットではさらにそこから約30%も引き締められているとのこと。レースが育てたポールスターのノウハウを盛り込んで、乗り心地はスポイルしていない…と謳われていることにも注目したい。

◎対応車種別交換後の車高
V40  マイナス10mm
S60/V60 マイナス5mm
XC60 前:マイナス10mm・後:マイナス25mm

画像2: www.volvocars.com
www.volvocars.com

ちなみにS60/V60ではさらに、シャシー剛性を高めてくれるストラットタワーバーがセットメニューに加わる。お得感でも、かなりポイントが高いのだ。

■シャシーセット価格 ※工賃別途・税抜
V40(D4、T5)用 26万円
S60/V60(D4、T5&T6)用 29万6000円
XC60(D4、T5&T6)用 36万円

実は5ps強のポテンシャルアップが期待できる「エキゾーストセット」。

画像3: www.volvocars.com
www.volvocars.com

スポーツ・エアフィルターとステンレススチール・エグゾースト、さらに後ろ姿を凛々しく彩るリア・ディフューザーをまとめた「エキゾースト・セット」は、エンジンをかけた瞬間にその「差」を実感させる。クランキングの音から、すでに別モノのサウンド。かなりシビれること、ウケあいだ。

吸気抵抗の少ないフィルターと排圧が低減されたマフラーの組み合わせは、5ps強と数字的にはささやかなものだが、音の良さだけでなくリアルにパワーアップにもつながるとのこと。

■エキゾーストセット価格 ※工賃別途・税抜
V40(D4、T5)用 28万円
S60/V60(D4、T5&T6)用 34万円
XC60(D4、T5&T6)用 35万円

バネ下の負荷が少なくなる「タイヤ&ホイールセット」は、快適性にも効く?

画像4: www.volvocars.com
www.volvocars.com

「軽量リム」を採用したスタイリッシュな19インチアルミホイール(XC60のみ21インチ)と、偏平率が低いスポーツ系タイヤのセット。ソリッドかつビビッドなステアリングレスポンスとシャープな挙動を実現しているという。バネ下が軽いと、乗り心地的にもメリットが期待できる。

装着されるタイヤのブランドは、XC60とV40がピレリ(P Zero)、S60/V60がブリヂストン ポテンザS001をチョイス。低めのサイドウオールが、愛車の足元を精悍に魅せる。

■タイヤ&ホイールセット価格 ※工賃別途・税抜
V40(D4、T5)用 61万1000円
S60/V60(D4、T5&T6)用 61万2000円
XC60(D4、T5&T6)用 82万4000円

「コンプリートセット」ならエクステリア&インテリアもひと味違う

画像5: www.volvocars.com
www.volvocars.com

マフラー、シャシー、ホイール&タイヤのすべてのセットを装着すると、エクステリアとインテリアのスポーティ感を引き立たせる「コンプリートセット」を完成させる資格が手に入る。

外装パーツとしてはルーフスポイラー用リップ(S60用のみトランクスポイラー)、スカッフプレート、ドアミラーカバーをラインナップ。ギヤシフトノブ、スポーツペダル、フットレストといった機能パーツも含まれている。

S60/V60向けにはボディサイドのデコレーションパネル、XC60にはリアガーニッシュまで設定される充実ぶり。エアロダイナミクス性能はもちろんアップさせたいけれど、シンプルに「隣のボルボとは違う」優越感を味わいたい。

■コンプリート(インテリア&エクステリア)セット価格 ※工賃別途・塗装費別途・税抜
V40(D4、T5)用 61万1000円
S60/V60(D4、T5&T6)用 61万2000円
XC60用(D4、T5&T6) 82万4000円

「パフォーマンス・ソフトウェア」は必須。だけど選んで損はしない!

画像6: www.volvocars.com
www.volvocars.com

すべてのセットは、「ポールスター・パフォーマンス・ソフトウェア」があらかじめダウンロードされているクルマのオーナーしか、購入することができない。工賃・税込で18万8000円のプラスになるけれど、この「バージョンアップ」は、かなりオススメだ。

データとしてのパフォーマンスアップはエンジンによって約8ps〜30ps/約30〜80Nmと幅がある。しかしたとえばプラス10ps/40NmのV40 D4に試乗してみると、中速域からの力強さが格段に違うことがわかる。一度体験したら、もうノーマルでは満足できない……かも。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.