クルマに関するマニアックなクイズを、月〜金の毎朝7:30に出題する自動車マニアッククイズ、通称クルマニQ。初級/中級/上級/マニア級のうち、今回は「中級」の問題をどうぞ。シトロエンのエンブレムが意味するものとは・・・?

「ダブルシェブロン」と呼ばれるエンブレム

フランスの自動車、シトロエン。古くは2CVなんてクルマもあり、ハイドロニューマチックなど昔から“革新”のイメージのあるブランドでもあるんです。

そのシトロエンの象徴でもある、「山型」のエンブレムですが、さて、これは何に由来しているんでしょうか?

画像: 「ダブルシェブロン」と呼ばれるエンブレム

シトロエンのエンブレム、その由来は?

画像: 【クルマニQ】【中級編】シトロエンのエンブレムは何が由来なの?
  • 山(創業者の出身地、シャモニーの山々をモチーフとした)
  • サイン(「向上」を意味するハンドサインから)
  • 家紋(創業者シトロエン家に代々伝わる家紋から)
  • 歯車(元々つくっていた大型歯車の形から)
  • 山(創業者の出身地、シャモニーの山々をモチーフとした)
    34
    25
  • サイン(「向上」を意味するハンドサインから)
    5
    4
  • 家紋(創業者シトロエン家に代々伝わる家紋から)
    22
    16
  • 歯車(元々つくっていた大型歯車の形から)
    39
    29

正解は、4の「歯車」でした。

シトロエンの創業者、アンドレ・シトロエンは、1919年に自動車メーカー「シトロエン」を作りましたが、それ以前は、やまば歯車(=ダブルヘリカルギア)と呼ばれる工業製品の製造を行っていました。この歯車をデザイン化したのが由来です。

のちにこれが「ダブルシェブロン」と呼ばれることになる、シトロエンのエンブレムになりました。

画像: 創業者アンドレ・シトロエンが第一次世界大戦中に製造していたのがこのやまば歯車。自動車メーカー、シトロエンのエンブレムはこの形に由来している。© Citroën Communication

創業者アンドレ・シトロエンが第一次世界大戦中に製造していたのがこのやまば歯車。自動車メーカー、シトロエンのエンブレムはこの形に由来している。© Citroën Communication

画像: © Citroën Communication

© Citroën Communication

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.