クルマに関するマニアックなクイズを、月〜金の毎朝7:30に出題する自動車マニアッククイズ、通称クルマニQ。初級/中級/上級/マニア級のうち、今回は「中級」の問題。ホンダオーナーならばわかるはずだ。

クルマ用語にはいわゆる「略語」というものがたくさんある。ブレーキがロックするのを防ぐ「アンチロックブレーキシステム」は、ABSという名前で呼ばれる。DOHCやA/C、ATなどなど、略語を探せばキリがない。

ふつう、そういった略語は用語が統一されているもの。だが、横滑り防止装置に関してはまだ統一した略語がない。一般的にはサプライヤーのコンチネンタルが使う「ESC」や、メルセデス・ベンツ系の「ESP」という名前が多く使われている。

では、ホンダは横滑り防止装置のことを何と呼んでいるか?

画像: 【クルマニQ】横滑り防止装置のことをホンダではなんと呼ぶ?【中級編】
  • ESP
    (Electronc Stabilization Program)
  • VSA
    (Vehicle Stability Assist)
  • VDC
    (Vehicle Dynamic Control)
  • DSC
    (Dynamic Stability Control)
  • ESP (Electronc Stabilization Program)
    15
    15
  • VSA (Vehicle Stability Assist)
    42
    43
  • VDC (Vehicle Dynamic Control)
    31
    32
  • DSC (Dynamic Stability Control)
    12
    12

正解はVSAでした。

ホンダは「ヴィークル・スタビリティ・アシスト」の「アシスト」と呼ぶことにこだわっているようです。「ドライバーが主役で、その運転をアシストする」という想いがネーミングに込められているそうだ。

画像: ホンダがVSAを初採用したのは、1997年に登場したアコードから。

ホンダがVSAを初採用したのは、1997年に登場したアコードから。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.