ボルボ・カーズが2017年2月8日、2016年度決算発表を行った。絶好調であることはわかっていたが、これほどの増益とはびっくり。前年比66%増となる110億クローネ(約1390億円)もの営業利益を上げた。また、世界販売は53万4332台に達して、プレミアムブランドとしての存在感がグーンと増した。
画像: 【ニュース】ボルボが絶好調で大幅増益を発表、プレミアムブランドとして盤石な体制

営業利益率も大幅にアップして6.1%に

絶好調なボルボが2016年度の決算を発表した。それによると販売は中国とアメリカがとくによく、それぞれ前年比11.5%、18.1%増、世界全体では6.2%増の53万4332台を記録した。そして利益は前年の66億クローネ(約834億円)から110億クローネ(約1390億円)と66%も増加した。

売上高は10%増の1807億クローネ(約2兆3000億円)なので営業利益率は6.1%となり、前年の4%から大幅に向上した。しかしプレミアムブランドとしては、営業利益率を早く10%台に乗せたいところだろう。この間、設備投資や研究開発費が多かったが、今年はボルボS90/V90というフラッグシップが販売に大きく寄与するので、利益率はかなり上がってくるはず。ボルボはプレミアムブランドとして盤石な体制を築きつつあるようだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.