フォルクスワーゲン グループ ジャパン が愛知県豊橋市に「ゴルフGTE」を公用車として2台無償で貸与することになった。2月16日より開始、期間は決まっていない。

地域貢献活動の一環として継続的に提供していく予定

画像: 地域貢献活動の一環として継続的に提供していく予定

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、1992年5月に本社を東京都港区から愛知県豊橋市に移転し、その年の10月から世界最大級の自動車専用船が接岸できる専用埠頭、新車整備工場、車両保管庫(カーサイロ)、中央部品庫などを備えた国内最大級の規模を誇る「豊橋インポートセンター」の操業を開始。それ以来、日本におけるすべての正規輸入のフォルクスワーゲン車はここで陸揚げされて全国各地へと出荷されており、その累計台数は120万台を越えている。

ゴルフGTEの愛知県豊橋市への貸与は、豊橋市に本社を置く フォルクスワーゲン グループ ジャパンの地域貢献活動の一環として行われるもので、今後も環境負荷が少なく安全な交通社会の実現に貢献できるモデルを継続的に公用車として提供していく予定だという。

画像: 愛知県豊橋市に無償で貸与されることになったゴルフGTE。

愛知県豊橋市に無償で貸与されることになったゴルフGTE。

ゴルフGTEはゴルフをベースにしたプラグインハイブリッドモデル。1.4LのTSIエンジンと電気モーターを内蔵した6速DSG、8.7kWh のリチウムイオンバッテリーを搭載し、これにより電気モーターだけで最長53.1km走ることが可能で、エンジンと電気モーターを効率よく駆動するハイブリッドモードでは23.8km/Lという燃費効率を実現している。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.