ミッドサイズSUVの人気モデル、三菱アウトランダー。先日のPHEVに続きガソリンモデルも一部改良を発表、3月2日から発売を開始する。

今回の一部改良のポイントはふたつ。まずは予防安全技術「e-Assist」の性能向上だ。「衝突被害軽減ブレーキ」のセンサーを、従来型のミリ波レーダーか らカメラとレーザーレーダーを併用したシステムに変更。新たに歩行者検知機能も追加され、 衝突回避性能も向上している。さらに「車線逸脱警報システム」の警報精度を向上させるとともに警報タイミングを最適化した。 また、「後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)」、「後退時車両検知警報システム」」を新たに採 用し、「誤発進抑制機能(前進及び後退時)」、 「パーキングセンサー(前後)」をセットとしてメーカーオプションに設定している。

ふたつめは「スマートフォン連携ディス プレイオーディオ」のメーカーオプション設定 だ。クルマの中で iPhoneを使うためのより優れた、 安全な方法「Apple CarPlay」に対応。Siri やタッチスクリーンで行き先を調べる、電話をかける、メッ セージを送受信する、音楽を聴くなど、運転に集中したまますべてをこなすことが可能になる。さらに、高度な音声認識 で Google マップ TM など各種アプリの操作が可能な「Android AutoTM」 にも対応した。

ほかにも2L・2WD車にナビゲーションを標準装備した新グレード「20G Navi Package」も設定された。価格は253万8000円(20G)〜328万4280円(24G Navi Package)。

画像: 外観では、フロントフォグランプを LED(リフレクタータイプ)として消費電力を抑えたほか、ロービーム灯火時の ヘッドライトとの色調を統一しています。また、ルーフアンテナにはスタイリッシュなシャークフィンタイプを採用している。

外観では、フロントフォグランプを LED(リフレクタータイプ)として消費電力を抑えたほか、ロービーム灯火時の ヘッドライトとの色調を統一しています。また、ルーフアンテナにはスタイリッシュなシャークフィンタイプを採用している。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.