FCAジャパンは、「アバルト595」の全ラインアップを刷新し、2017年2月25日(土)より全国のアバルト正規ディーラーで販売する。

アグレッシブなデザインに変更された前後バンパー

今回のフェイスリフトで大きく変わったのは、フロントとリアのバンパーをアバルトシリーズに相応しいアグレッシブなデザインを採用したことだ。このデザインは、アバルト595のワンメイクレース「ASSETTO CORSE」で活躍するレーシングカーをモチーフとしている。
さらにバンパー下部のエアインテークには「ABARTH」の文字があしらわれるなど、より一層レーシーな雰囲気が増している。
インテリアではシート形状が見直されるなど、内外装を含め、これまで以上に魅力的なモデルへと進化している。

フィアット500との差別化を明確にするために、「アバルト500」の名称は無くなり、すべて「アバルト595」に統一された。
エンジンもパワーアップが図られ、アバルト595は135ps(MT)、140ps(AT)からすべて145psに引き上げられた。アバルト595ツーリズモは、ギャレット製の大径タービンを採用したことで160psから165psとパフォーマンスが向上している。
最もスパルタンなアバルト595コンペティツィオーネは、カーボンシェルタイプのシートや、カーボンインサート付のレザー/アルカンターラステアリングホイールを採用。他グレードとの違いを明確にしている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.