アイサイトを装着した2017年型インプレッサが、基準の強化された米国IIHSの2017年安全評価で最高評価のTSP+を獲得した。

北米地区で現在販売している2017年型スバル・インプレッサ(アイサイト装着車)が、IIHS(道路安全保険協会=米国保険業界の非営利団体)が行う最新の2017年の安全性評価において、最高評価の「トップセイティピック(TSP)+」を獲得した。

米国仕様も2017年型からフルモデルチェンジされたインプレッサはセダン・5ドアモデルともに、要求されるすべての耐衝撃性能試験において最高評価「Good」を、前面衝突予防性能試験においても最高評価「Superior」を獲得。さらに、新規導入されたヘッドライト性能試験においても最高評価「Good」を獲得するとともに、チャイルドシート取り付け性評価においても最高評価「Good+」を獲得し、小型車として唯一、IIHSの全評価項目で最高評価を獲得した車種として認定された。

画像: 2017年型 インプレッサ 5ドア(北米仕様)

2017年型 インプレッサ 5ドア(北米仕様)

アイサイトを装着したインプレッサは、IIHSが実施した衝突予防性能試験において、時速12マイル(約20km/h)・時速25マイル(約40km/h)いずれの速度域においても衝突を未然に回避し、最高評価「Superior」を獲得。また、ヘッドライト性能試験においては、ハイビームアシスト機能付LEDヘッドライト装着車が最高評価「Good」を、LEDヘッドライト装着車が「Acceptable」を獲得した。

画像: 2017年型 インプレッサ 4ドアセダン(北米仕様)

2017年型 インプレッサ 4ドアセダン(北米仕様)

2016-17日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した新型インプレッサは、米国でもその安全性を高く評価された。北米市場でのスバル人気は、さらに高くなりそうだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.