フィアット500Xに安全装備を充実したモデル「フィアット500Xセーフティパッケージ」が登場。3月4日から限定150台販売される。
画像: 【限定車】設定されている安全装備を全部のせ! お得な500Xが登場

ベースはエントリーモデルのポップスター

フィアットのCセグメントSUV「500X(チンクエチェント エックス)」。500から受け継いだ愛らしい顔つきとDNAが特徴のひとつだ。その500Xに、設定されている安全装備をすべて標準装備した限定車【500X Safety Package(セーフティパッケージ)】が150台設定された。

画像: ベースはエントリーモデルのポップスター

上級モデルにも設定されていない装備も…

この限定車は、前面衝突警報、車線逸脱警報、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション、リアパーキングカメラ、アダプティブクルーズコントロールの合計5つの安全装備を標準で備え、ベースモデルより108,000円高としている。ちなみにアダプティブクルーズコントロールは上位グレードにも非設定な装備である。

さらに上位グレードに標準装備されているバイキセノンヘッドライトと18インチアルミホイールも採用されている。

なおこの限定車のボディカラーはブルーアバター(100台)、レッドヒュプノティック(50台)が用意されている。価格は2,970,000円となる。

画像: トランスミッションは6速DCTを搭載する。JC08モード燃費は15.0km/L。

トランスミッションは6速DCTを搭載する。JC08モード燃費は15.0km/L。

■標準採用された安全装備
前面衝突警報:衝突のリスクがあると判断した場合、ドライバーに警告を発し、さらに自動的にブレーキを作動。衝突被害を軽減する。
車線逸脱警報:意図せず車線変更ををするとドライバーに警報を発し、さらに自動的にハンドルを制御し車線維持をアシストする。
ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション:車線変更や後退時の際、死角に別の車両がいる場合は警告音でドライバーに注意を促す。
リアパーキングカメラ:車両後方に画像を車内のモニターに表示、駐車時にドライバーをサポートする。
アダプティブクルーズコントロール:レーダーセンサーにより前方車両を認識し,車間距離に応じて自動的に走行速度を調整する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.