マツダは、軽自動車のフレアをフルモデルチェンジして、3月2日より発売する。
フレアは、スズキ ワゴンRのOEM供給モデルだ。

フルモデルチェンジしたフレアは、全高1550mm以上の軽ワゴンならではの広い室内空間、機能性を重視したパッケージング、そして低燃費を実現した。
今回、幅広いユーザーに受け入れられる定番スタイルの「HYBRID XG」と、スポーティさと上質さを備えたスタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を用意し、デザイン性と機能性との両立を目指して大幅刷新された。

また、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせて前方のクルマや歩行者を検知し、衝突回避をサポートまたは被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート」、自動でヘッドランプのハイ/ローを切り替える「ハイビームアシスト機能」、運転席前方のダッシュボードに車速やデュアルセンサーブレーキサポートの作動状況を表示する「ヘッドアップディスプレイ」の3つの技術をマツダの軽自動車として初採用(全車メーカーセットオプション)するなど、安全装備を充実させている。

さらに、減速時のエネルギーを利用して発電・充電し、その電力を活用してモーターによるクリープ走行(1回のクリープ走行は最長10秒間)や、加速時のエンジンアシストを可能にする「マイルドハイブリッド」や新プラットフォームの採用、サスペンションやボディの軽量化などにより、軽ワゴン最高のJC08モード燃費33.4km/L(2WD)を達成。
全車エコカー減税の免税対象となっている。室内長やラゲッジルーム開口幅を拡大、アンブレラホルダーを装備するなど、軽ワゴンとしての機能性も強化している。

価格は、XG(2WD)の117万7200円〜XS(4WD)の147万960円。
全車マイルドハイブリッドを採用し、ミッションはCVT。
ワゴンRもいいけれど、街中にあふれるだろうし、人と違った軽ワゴンに乗りたいなら、フレアという選択もアリだろう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.