先日発表されたばかりの新型ジープ グランドチェロキーに、全身ブラックアウト化された特別仕様車「ジープ グランドチェロキー アルティテュード」が登場。限定200台で、2017年3月4日(土)に発売される。

エアサスペンションや専用シートなどを特別装備

グランドチェロキーのアルティテュードシリーズは、2012年から特別限定車として国内で発売されている人気モデルだ。2017年3月4日から発売される新型グランドチェロキーを記念して「ラレード」をベースに、アルティテュードのコンセプトとなるブラックのボディとアクセントを全身に施ししている。

さらに、リアバックアップカメラやエアサスペンション、スエード/レザーコンビ シートなどの特別装備を搭載しているにも関わらず、ラレードの183,600円アップというプライスも魅力だ。

エレガントで高級感溢れるデザインのグランドチェロキーもいいけれど、ひと味違うブラックカラーのアルティテュードの車両価格は5,130,000円、限定200台だ。

画像: 3.6L V6エンジンは290psを発生する。

3.6L V6エンジンは290psを発生する。

画像: ボディーカラーはダイアモンドブラッククリスタル。

ボディーカラーはダイアモンドブラッククリスタル。

画像: 専用のスエード/レザーコンビシートを装備する。

専用のスエード/レザーコンビシートを装備する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.