「つくる・つかう・つながる」技術を通じたホンダの水素社会への取り組みを展示。

ホンダは、2017年3月1日(水)から3日(金)まで東京ビッグサイトにて開催される「FC EXPO 2017~第13回[国際]水素・燃料電池展」に、燃料電池自動車(以下、FCV)「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」、をはじめ、低炭素な高圧水素ガスの製造・供給を可能とした「スマート水素ステーション(以下、SHS)」など、エネルギーを「つくる・つかう・つながる」社会を実現する技術を出展する。

その他、V2L(Vehicle to Load)対応可搬型外部給電器「Power Exporter 9000」、V2H(Vehicle to Home)対応DC普通充電器「Power Manager」といった、FCVなどの電動モビリティから外部給電を可能にする製品を展示する。

また、「一般社団法人水素供給利用技術協会(HySUT)」のブースにおける、FCVと水素ステーションに対する理解を促進するための展示に、CLARITY FUEL CELLのカットボディと、Power Exporter 9000を出展する。さらにCLARITY FUEL CELLの静かで力強く滑らかなドライブフィールを体験できる試乗会も実施する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.