2017年2月27日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンがゴルフGTI用の車検対応純正チューニングパーツを追加発売すると発表した。

Golf GTI 用エッティンガー社製エアロキットの販売開始

画像1: Golf GTI 用エッティンガー社製エアロキットの販売開始

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、今年2017年1月より、COX製のスタビライザーやスプリングといった足まわりパーツ、フロントバンパーやサイドスポイラーといったエアロキットの販売を全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで開始しているが、このたび、今年 1月の東京オートサロンで発表したGolf GTI 用の新しいアイテムを追加、2月27日より正規ディーラーで発売を開始した。

画像2: Golf GTI 用エッティンガー社製エアロキットの販売開始

今回発表したのは、ドイツの老舗チューナーであるOettinger(エッティンガー) 社と共同開発したフロントスポイラー、サイドスカートなどの専用エアロキット。フロントアンダー スポイラー 70,200円、フロントスプリッター 29,160円、サイドスポイラー 86,400円、リアバンパーwith ディフューザー 86,400円、リアマフラー 129,600円、ルーフスポイラー 75,600円などが揃う。

画像3: Golf GTI 用エッティンガー社製エアロキットの販売開始

エッティンガー社は初代ビートルのチューニングメーカーとして1946年にドイツ・フランクフルト近郊に設立。世界中のカスタムファンから愛されるとともに、各ドイツ車メーカーからエンジンのチューニングなどを委託されるなど、その技術力、開発力は高く評価されている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.