路上の正義、パトロールカー。セダン型がポピュラーだけど、中にはこんなパトカーもあるのです。今回はちょっと古め(?)、20世紀末に各地の高速隊に納入された「マツダRX-7」のご紹介!
画像: 千葉県警高速隊に納入されたセブン。全国で7台存在していたことが確認されている。

千葉県警高速隊に納入されたセブン。全国で7台存在していたことが確認されている。

電気モーターのようなロータリー独特のパワーフィールとカミソリのようなシャープなハンドリングこのピュアスポーツがパトカーになったときの衝撃は今でも忘れることができない。

画像: こちらは栃木県警高速隊。獲物を狙う猛禽のような佇まい。

こちらは栃木県警高速隊。獲物を狙う猛禽のような佇まい。

画像: 宮城県警高速隊にも配備。パトライト中央に追尾用レーダーを搭載するのが共通仕様だった。

宮城県警高速隊にも配備。パトライト中央に追尾用レーダーを搭載するのが共通仕様だった。

通常、オーディオが収まるスペースにはパトライト社製のサイレンアンプ、その下には測定速度表示部がキッチリと収まる。

次回も珍しいスポーツパトカーをご紹介します!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.