日産自動車が2016年8月に発売した「新型セレナ」の受注が引き続き好調だ。受注台数の累計は2月末現在で約6万5千台となり、歴代のセレナと比較しても「新型セレナ(C27型)」が大きく上回っている。そのヒミツは?
画像: 左がセレナ、右がセレナ ハイウェイスター。

左がセレナ、右がセレナ ハイウェイスター。

受注好調の主な理由として考えられるのは、狭い駐車場でも荷物の出し入れが可能な“デュアルバックドア”や、足を動かすだけでロック解除とスライドドアの開閉が可能な“ハンズフリーオートスライドドア”など、ミニバンとしての正常進化がユーザーから高い評価を得ているから。ユーザーがミニバンを実際にどう使っているかを徹底的に研究しており、それを反映させた装備が付いていることが人気の要因だろう。

画像: デュアルバックドアは上半分だけを空けることができるので、狭い駐車場での荷物の出し入れも可能。

デュアルバックドアは上半分だけを空けることができるので、狭い駐車場での荷物の出し入れも可能。

画像: 大きな荷物や子どもを抱えて両手がふさがっていても、キーを持っていればスライドドアの下に足先を入れて引くだけで、ドアが自動でオープンまたはクローズできる“ハンズフリーオートスライドドア”。

大きな荷物や子どもを抱えて両手がふさがっていても、キーを持っていればスライドドアの下に足先を入れて引くだけで、ドアが自動でオープンまたはクローズできる“ハンズフリーオートスライドドア”。

また、セレナに見られる傾向として、量販価格帯のミニバンに初搭載した自動運転支援技術“プロパイロット”の装着率は56%(約3万6,000台を販売)と高い水準で、この技術に対するユーザーの関心の高さがうかがえる。

画像: ミニバンクラスとしては世界初となる同一車線自動運転技術「プロパイロット」をメーカーオプション設定。

ミニバンクラスとしては世界初となる同一車線自動運転技術「プロパイロット」をメーカーオプション設定。

画像: 【トピック】日産セレナの販売が絶好調! ナゼなんだぁ?
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.