ホンダは、1981年に世界初(ホンダ調べ)の地図型自動車用ナビゲーションシステムとして商品化した「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」が、「IEEE (アイトリプルイー)マイルストーン」に認定されたと発表しました。

ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータは、世界初の自動車用地図型ナビゲーションシステムで、1981年に発売されたアコードとビガーの専用装備として発売されました。クルマの移動方向を検知する「ガスレートジャイロ」を採用した方向センサーを世界で初めて自動車用に実用化し、走行距離センサーやマイクロコンピューターなどを組み合わせることで、移動方向と移動量を検出して現在位置を計算。地図が描かれた透明な地図シートがセットされたブラウン管に現在位置と自車の方位、走行軌跡を表示することで、ドライバーが進むべき経路の選択を容易にできるようにしました。

画像: 1981年に登場した 2代目アコード。ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータはこのクルマとビガーの専用装備でした。

1981年に登場した 2代目アコード。ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータはこのクルマとビガーの専用装備でした。

一方、ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータを IEEE(アイトリプルイー)マイルストーン」に認定 した組織「 IEEE( Institute of Electrical and Electronics Engineers )」は、米国に本部を置く、電気・電子・情報・通信分野における世界最大の学会です。世界190ヵ国以上に42万人を超える会員を擁する非営利団体で、コンピュータ、バイオ、通信、電力、航空、電子などの技術分野で指導的な役割を担っています。IEEE マイルストーンは、電気・電子・情報・通信分野において開発から25年以上経過し、地域社会や産業の発展に多大な貢献をしたとされる歴史的業績をIEEE が認定する制度として1983 年に制定されて以来、2017年 2月までに世界で 174件が認定されています。

ちなみに、これまでに IEEEマイルストーンに認定されたモノは、東海道新幹線(2000年 東海旅客鉄道株式会社)、黒部川第四発電所(2010年 関西電力株式会社)、アポロ月着陸船(2011年 ノースロップ・グラマン社)など、どれも偉大なモノばかりです。

今回の認定は自動車産業界で初めてのことです。また、ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータを開発、市販したしたことが、地図型自動車用ナビゲーションシステムが現代のナビゲーションシステムの世界標準を築いたという功績が認められた、ということでもあります。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.