2017年3月1日、ランボルギーニは「ウラカンがニュルブルクリンクの北コースで市販スーパースポーツカー史上最速のラップタイム6分52秒01を記録した」と発表した。

ニューモデルはジュネーブでお披露目

画像: ニュルブルクリンク北コース6分52秒01ラップタイムを記録した「ウラカン ペルフォマンテ」。

ニュルブルクリンク北コース6分52秒01ラップタイムを記録した「ウラカン ペルフォマンテ」。

ニュルの最速記録をマークしたのは、来週開幕するジュネーブ国際モーターショーで公開される予定のニューモデル「ウラカン ペルフォマンテ」。もちろん、冬の時期に記録更新が実現するはずはなく、実は昨年2016年10月5日に行われたテストでマークされていた。そのハンドルを握ったのは、ランボルギーニのテストドライバー、マルコ・マペリだった。

画像: 最速記録の発表をここまで伸ばした背景には大きな自信があったということだろう。

最速記録の発表をここまで伸ばした背景には大きな自信があったということだろう。

ウラカン ペルフォマンテは、空力や軽量化における革新技術と進化したパワープラントを持つ、究極のハイパフォーマンスモデル。その詳細はジュネーブ国際モーターショーで明らかになるが、このタイミングでの発表はなんとも憎い演出だ。ランボルギーニはペルフォマンテの発表前にすでにニュルで勝利を収めていたのだった。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.