1982〜1985年にかけて週刊少年ジャンプで連載されていた人気漫画「よろしくメカドック」。その作中には現代では名車と呼ぶにふさわしいモデルが多数登場する。今回はその中から、ホンダのバラードスポーツCR-Xをマンガの原画とともに振り返る。
画像: 決してパワフルなクルマではなかったが、その軽量ボディとショートホイールベースが生むシャープなハンドリングは痛快だった。峠の下りでは無敵!

決してパワフルなクルマではなかったが、その軽量ボディとショートホイールベースが生むシャープなハンドリングは痛快だった。峠の下りでは無敵!

1983年10月。2200㎜のショートホイールベースにファストバッククーペボディを架装した初代CR-Xが誕生した(当時の正式名称はバラードスポーツCR-X)。セミリトラクタブルランプで空力性能を高め、耐衝撃性に優れた軽量な樹脂製フロントフェンダーを採用して800Kgの車重を実現するなど、随所にホンダらしい技術的な挑戦が見られる。

デビュー時の搭載エンジンは、直4SOHC12バルブCVCCの1.3Lキャブ仕様と、1.5Lの電子制御燃料噴射(PGM-FI)の2種類。1.5Lでも110馬力と、当時のライバルであったAE86レビン/トレノよりも非力であったが、それより140kgも軽い車重を生かして、最高速度182.65km/h、0-400m加速は16.19秒(いずれも実測値)とエンジンスペックを超えた走りを実現した。

画像: 一応、4人乗りとされていたが実際には2シーターで、リアシートは「犬も乗りたがらない」と揶揄されるほど狭かった。とは言え、デートカー的な要素もあって、若者を中心に大人気となった。

一応、4人乗りとされていたが実際には2シーターで、リアシートは「犬も乗りたがらない」と揶揄されるほど狭かった。とは言え、デートカー的な要素もあって、若者を中心に大人気となった。

1984年には135馬力を発生するZC型1.6Lの16バルブDOHCを搭載する新グレード「Si」
を追加。その威力はすさまじく、最高速は197km/hまで伸び、0-400mも15秒20まで短縮された。

画像: 作者の次原隆二先生曰く、ミッドシップ化のアイデアはフィアットX1/9を見て思いついたとのこと。

作者の次原隆二先生曰く、ミッドシップ化のアイデアはフィアットX1/9を見て思いついたとのこと。

「よろしくメカドック」では、全日本ゼロヨンGP編に登場。最初期の1.5Lエンジン搭載車をベースに1652㏄まで排気量をアップ、さらにツインターボ化。推定馬力は270psとされていた。さらにこのエンジンをミッドシップに搭載し、後輪駆動に改造されていた。シルエットフォーミュラカー風のボディは570kgまで軽量化されて圧倒的な加速力を見せつける。

画像: 全日本ゼロヨンGPで鬼神の速さを見せたメカドックCR-Xだが、決勝戦では降り出した雨に苦しまされる。

全日本ゼロヨンGPで鬼神の速さを見せたメカドックCR-Xだが、決勝戦では降り出した雨に苦しまされる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.