ポルシェがパナメーラに新しいボディバリーションを追加し、3月7日からのジュネーブモーターショーで公開する。このパナメーラ スポーツツーリスモはBピラーから後ろが通常モデルと異なる。ルーフが高く、そのぶんキャビンスペースが広い。そしてリアには3つのシートがありパナメーラ初の定員5名となる。
画像: 【ニュース】ポルシェ パナメーラに新たなボディバリエーション。ラゲッジルームが拡大して定員は5名に。

これは言うなればパナメーラの“シューティングブレーク”

ポルシェ パナメーラに「スポーツツーリスモ」という新たなボディバリエーションが登場した。ボディサイズ(全長×全幅×全高:5049×1937×1428mm)は通常のパナメーラと変わらないが、Bピラーから後ろの造形が異なる。リアシート後端あたりまでルーフが高く保たれて、リアエンドへはワゴンのように面がつながっていく。言うなればパナメーラを“シューティングブレーク”風に仕立てたモデルなのだ。

こうしたことでリアのキャビンスペースは拡大して、パナメーラとして初の5名乗車を可能にした。さらにリアシートは40:20:40の分割可倒式で、これを全部倒すと1390Lものラゲッジルームとなる。リアシート使用時でも520Lと通常モデルよいプラス25Lの容量を確保している。

装備などは通常のパナメーラと同じ。また、発売時は5つのパワートレーンが用意される。なお、欧州での発売予定は2017年10月7日で、11月初旬からその他の市場で発売されるとのことだ。

●ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ ラインナップ
・パナメーラ4 スポーツツーリスモ(最高出力330ps)
・パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ(最高出力462ps)
・パナメーラ4S スポーツツーリスモ(最高出力440ps)
・パナメーラ4S ディーゼル スポーツツーリスモ(最高出力422ps)
・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(最高出力550ps)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.