富士スピードウェイは、3月12日(日)に開業50周年メモリアルイヤーを締めくくる記念イベント「FUJI WONDER LAND FES!」を開催する。
画像: 【ニュース】富士スピードウェイ50周年記念イベント 富士ワンダーランドフェス! 2017年3月12日(日)開催

このイベントは開業50周年を迎えた富士スピードウェイを訪れるすべての富士スピードウェイファンに感謝を込めて実施するもので、50年歴史を振り返り、多く人々が熱狂した往年の名レースの世界観を随所に再現し、会場にいるすべて人にその歴史を追体験してもらおうと企画された。

Back to F1 WORLD CHAMPIONSHIP IN JAPAN

画像: 1976年F1世界選手権 イン ジャパン スタートシーン

1976年F1世界選手権 イン ジャパン スタートシーン

1976年、77年に開催された「F1世界選手権イン・ジャパン」の再現。富士スピードウェイにあの興奮が蘇る!1976年、日本で初めて開催された「F1世界選手権イン・ジャパン」を再現すべく、当時レースに参戦した車両を中心としたデモランを行う。

当時の車両、ニキ・ラウダ選手のフェラーリ312 T2、マリオ・アンドレッティ選手のロータス77、ジェームス・ハント選手が1976年F1ワールドチャンピオンを獲得したマクラーレンM23、日本製F1カーとして「F1世界選手権イン・ジャパン」に参戦したコジマKE007などの走行を予定している。

現役&レジェンドドライバーが集結

富士スピードウェイ50 年の歴史の中で数々の名勝負を繰り広げたレジェンドドライバーが集結し、モータースポーツファンの記憶に残るレーシングカーをドライブする。

ツーリングカーデモランでは、長谷見昌弘氏がトミカ スカイライン ターボ、脇阪寿一氏がJGTC のエッソウルトラフロースープラ、山本尚貴氏がカストロール・無限・アコードを駆るほか、グループC カーが走るNostalgic Group C Special Run では、高橋国光氏がタイサンスターカード962C 、寺田陽次郎氏がマツダ787B、関谷正徳氏がトヨタ TS010 をドライブする等、懐かしのエンジン音と共にモータースポーツファンを魅了する。

また、「FISCO レジェンドカップ」では、レジェンドドライバーと現役のレーシングドライバー/監督が1 つのチームを組み、インタープロトのレース車両「kuruma」を使って、チーム対抗のエキシビジョンレースを行う。このレースには、昨年SUPER GT のチャンピオンドライバーとなった平手晃平選手をはじめ、松田次生選手、ロニー・クインタレッリ選手のほか、現在チーム監督を務める土屋圭市氏など、8 組16 名のドライバーが参戦予定。

さらにパドックに設置するメインステージでは、レジェンドドライバーによる「激戦のGC」、「伝説のF1」と銘打ったレジェンドトークステージを実施する。

画像: 富士スピードウェイ50周年記念イベント「FUJI WONDERLAND FES」 www.youtube.com

富士スピードウェイ50周年記念イベント「FUJI WONDERLAND FES」

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.