燃料電池車(=FCV)として知られるホンダ・クラリティに、派生車としてプラグインハイブリッド車(=PHEV)と電気自動車(=EV)が追加されることが発表された。
画像: 外観のイメージは3車ほぼ共通。5人がゆったりくつろげる広い室内も実現している。

外観のイメージは3車ほぼ共通。5人がゆったりくつろげる広い室内も実現している。

昨年日本でも発売(リース)された、ホンダのFCVがクラリティ フューエル セル。現在のところ日本ではリースのみだが、近い将来には個人向けの販売も検討されている。そんなクラリティの新たなバリエーションとして「クラリティ プラグイン ハイブリッド」と「クラリティ エレクトリック」が4月12日から始まるニューヨークオートショーで世界初公開される。

新たに加わる2台は、FCHVと同じプラットフォームを採用し、5人乗りの広く上質な室内空間を実現する。市販開始は2017年と亜ナンスされており、当面米国のみの販売となる模様だ。

ホンダは2030年には、四輪車販売台数の3分の2を、PHEV、ハイブリッド、FCV、EVなどのゼロエミッションビークルに置き換えることを目標にしている。今回の発表で、その動きがさらに加速していくことは間違いない。

画像: 世界で初めて同一プラットフォームにPHEV、EV、そして燃料電池自動車(FCV)という3種類の電動パワートレーンの選択肢を取り揃える。

世界で初めて同一プラットフォームにPHEV、EV、そして燃料電池自動車(FCV)という3種類の電動パワートレーンの選択肢を取り揃える。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.