世界的に人気の高いコンパクトSUVカテゴリーにおいて、2016年5月から欧州で発売が開始されたプジョー3008。フランス車らしい洗練されたデザインをはじめ、新世代の“プジョー iコクピット”などの最先端技術の搭載などが高く評価されたこで「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー 2017」を受賞した。

新型プジョー3008は本日より日本で発売開始

この受賞に合わせるように、本日、2017年3月13日よりプジョー3008の日本での発売を開始した。発売を記念した2種類の限定仕様車、「3008 アリュール デビュー エディション(398万円・80台)」「GTライン デビュー エディション(400万円・180台)」をはじめ、「3008アリュール(354万円)」と「3008アリュールLEDパッケージ(369万円)」をラインナップする。

「3008 アリュール デビュー エディション」の特別装備内容は、LEDヘッドライト、ハンズフリー電動テールゲート、パノラミックサンルーフ、ブラックダイヤモンドルーフ。「GTライン デビュー エディション」には、これらの装備の他にアクティブクルーズコントロール、アドバンスドグリップコントロール&18インチマッド&スノータイヤ、iコクピット、ドライバースポーツパック、スポーティテップレザー&ファブリックシート、GTラインインテリア&エクステリアを装備する。

165psを発生する1.6L直4ターボエンジンをはじめ、先進安全技術、そして使いやすいコンパクトサイズのプジョー3008は、日本でも注目を集めそうだ。特別限定仕様を中心に2017年3月18日(土)から4月16日(日)までデビューキャンペーンを正規ディーラーで実施する。

画像: ボディサイズmm:全長4450(+85)×全幅1840(+5)×全高1630(-5)

ボディサイズmm:全長4450(+85)×全幅1840(+5)×全高1630(-5)

画像: 12.3インチデジタルディスプレイの他に、8インチのタッチスクリーンを搭載。

12.3インチデジタルディスプレイの他に、8インチのタッチスクリーンを搭載。

画像: ハンズフリー電動テールゲートをオプション設定。

ハンズフリー電動テールゲートをオプション設定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.