マツダは日本国内で販売するほぼすべての新世代商品、つまり2012年以降に日本国内で発売されたマツダの現行モデル「マツダ デミオ」、「マツダ アクセラ」、「マツダ アテンザ」、「マツダ CX-3」、「マツダ CX-5」を対象に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の標準装備化を2017年度中に行うと発表しました。
画像: 【ニュース】マツダが「i-ACTIVSENSE」を標準装備化へ 2017年3月13日

i-ACTIVSENSE はドライバーへの認知支援および衝突回避のサポートや被害軽減を図るマツダの先進安全技術の総称です。その中で今回標準化される装備下記の装備で、日常で起こり得る事故の未然防止と被害軽減を目的とした安全システムが中心となっています。
・『衝突被害軽減ブレーキ』
・オートマチック車のペダル踏み間違いによる事故を低減する『 AT誤発進抑制制御』
・車線変更時に斜め後方に存在する車両を知らせる『 BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)』
・駐車場などでの後退時に横から近づく車両を検知し接触の危険を知らせる『 RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)』
となっています。

マツダはこれらの装備の標準装備化により、運転初心者から高齢者はもちろん、マツダ車に乗る多くの人に、より安全・安心なクルマを届けたいとしています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.