マツダは、3月10日にドイツのミュンヘン市で開催されたドイツのデザイン賞「iF デザインアワード2017」において、資生堂がマツダのデザインテーマ「魂動(こどう)」を表現したフレグランス「SOUL of MOTION」がパッケージ部門の金賞を受賞したと発表した。

59カ国から5500点を超える応募の中から金賞を受賞。

「iFデザインアワード」は、「iFインターナショナル・フォーラム・デザイン(iF International Forum Design GmbH)」が主催し、全世界の製品やサービス等を対象に優れたデザインを選定する世界的に権威のあるデザイン賞。
「プロダクト」、「パッケージ」、「コミュニケーション」、「建築」、「インテリア/内装建築」、「サービスデザイン」、「プロフェッショナルコンセプト」と、全部で7つの部門が設定されており、約60名のデザイン専門家によって年に一度、各賞を選出する。
2017年度は59カ国から5500点を超える応募があった。

フレグランス「SOUL of MOTION」は、生命感をカタチにするというマツダのデザインテーマ「魂動」を、資生堂のクリエイターが香りとボトルデザインで表現することに挑戦したアート作品。
資生堂、マツダのデザインチーム共同で企画を練り、“香りを芸術まで高めたい”という資生堂の初代社長から受け継がれる精神と、“クルマはアート”とするマツダデザインの志が共鳴し誕生した。

画像: 「SOUL of MOTION」のユニークなパッケージ。外カバーが全体を覆っている。

「SOUL of MOTION」のユニークなパッケージ。外カバーが全体を覆っている。

審査員からは「マツダのデザインコンセプト『魂動』が独創的に表現されており、フォルムと機能に純粋さと調和性を備えた外カバーはそれ自体が芸術品(アート)のようである」という評価を受けた。

資生堂 宣伝・デザイン部 チーフクリエイティブディレクターの信藤洋二(のぶとう・ようじ)氏は、「このたびは『iFデザインアワード2017(パッケージ部門)』金賞という栄誉ある賞をいただき、大変光栄に思っています。マツダと資生堂がお互いに持ち合わせている『日本の美意識』を昇華し、現在進行形の思想・哲学をイメージするプロダクトを共創できたこと、そして、その結果を世界で認めていただけたことに大きな喜びを感じています」と述べた。

マツダのデザイン・ブランドスタイルを担当する常務執行役員の前田育男(まえだ・いくお)氏は、「老舗のブランドとしてさまざまなチャレンジを行いながらも、美に対して徹底的にこだわる独自のものづくりのスタイルを守り抜かれている資生堂と一緒にものづくりに挑戦できたことは本当に光栄なことでした。そして、この挑戦から生まれたフレグランスが名誉ある賞をいただいたことは、私たちにとっても大きな喜びです」と述べた。

画像: 受賞式で、写真左から、マツダ 常務執行役員の前田育男氏、資生堂 宣伝・デザイン部 アートディレクターの川合加奈子氏、資生堂 宣伝・デザイン部 デザイナーの村岡明氏、iFインターナショナル・フォーラム・デザインCEOのラルフ・ウェイグマン氏。

受賞式で、写真左から、マツダ 常務執行役員の前田育男氏、資生堂 宣伝・デザイン部 アートディレクターの川合加奈子氏、資生堂 宣伝・デザイン部 デザイナーの村岡明氏、iFインターナショナル・フォーラム・デザインCEOのラルフ・ウェイグマン氏。

なお、アワード受賞を記念して、マツダよりフレグランス「SOUL of MOTION」を抽選で15名にプレゼントされる。3月14日〜20日にマツダ公式ブログにて募集を行う。
「魂動」の香りを体感してみたい人は、ぜひ下記のURLから応募しては、いかが?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.