日産は17日より横浜市と超小型電気自動車(EV)「日産ニューモビリティコンセプト」を活用したラウンドトリップ型カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」を開始すると発表した。

画像: 横浜の狭い路地などでの移動に便利な日産ニューモビリティコンセプト。

横浜の狭い路地などでの移動に便利な日産ニューモビリティコンセプト。

「チョイモビ ヨコハマ」は、専用サイトからの会員登録により、横浜都心エリアに設置した14箇所のステーションで車両の貸渡および返却が可能となる。車両は利用開始予定時間の30分前から予約可能なので便利だ。

利用料金は基本料金200円に加え、15分毎に250円課金される。一日の最大利用料金は3000円。ちなみにこのサービスの利用には、日本の運転免許証、スマートフォン、日本国内発行のクレジットカードが必要となる。

今回の新たな「チョイモビ ヨコハマ」は、これまでの知見を活かし、より横浜の地域と密着した超小型モビリティ利活用の推進と持続可能な官民連携の事業モデルの構築を目指し、出発したステーションに車両を返却するラウンドトリップ型カーシェアリングとして行う。これに加え、横浜都心エリアに特化した観光ガイドツアーや地元企業への長期貸し出し等も行っていく予定。

利用までの流れ

1: 専用サイトから会員登録(操作方法や安全運転に関する動画視聴が必須要件)
2: 出発希望のステーションにある車両を利用開始予定時間の30分前から利用登録
3: 登録した認証用カード(運転免許証、FeliCa対応の交通系ICカードや携帯端末)を使って利用

利用条件

1:運転免許証(普通自動車が運転できる種別)を所持していること
2:eメールを受信できるスマートフォン等の携帯端末を所有していること
3: 日本国内発行のクレジットカードで決済できること
※詳細条件は専用Webサイトで要確認。

■実施期間:2017年3月17日(金)から約2年間を予定
■運用車両:「日産ニューモビリティコンセプト」 25台
■ステーション(貸渡・返却場所):横浜都心エリアに14箇所(25台分)
■専用無料駐車スペース:12箇所(23台分)
■走行可能エリア:横浜市内のみ
(高速道路や制限速度60km/hを超える自動車専用道路の走行は不可)
■利用料金:基本料金200円+250円/15分、1日最大3,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.