3月12日に富士スピードウェイ50周年記念イベントとして行われた「富士ワンダーランドフェス」
2回目はF2000~F2~F3000~フォーミュラ・ニッポンへと変遷を遂げたフォーミュラカーの走行写真をお届けします。

JAFグランプリ(1969,1970)そしてF2000選手権(1973-1977)の設立

画像: ブラバムBT30フォード(1970年) ジャッキー・スチュアートが駆り1970年JAFGPで優勝

ブラバムBT30フォード(1970年) ジャッキー・スチュアートが駆り1970年JAFGPで優勝

画像: マーチ752BMW(1976年) 全日本F2000選手権で活躍

マーチ752BMW(1976年) 全日本F2000選手権で活躍

全日本F2選手権(1978-1986)を彩ったマシンたち

画像: NOVA532BMW(1978年) この年に星野一義が全日本F2初代チャンピオンに輝く

NOVA532BMW(1978年) この年に星野一義が全日本F2初代チャンピオンに輝く

画像: マーチ842BMW(1984年) BMWvsホンダのエンジン対決はホンダ勢に軍配が上がった

マーチ842BMW(1984年) BMWvsホンダのエンジン対決はホンダ勢に軍配が上がった

画像: マーチ86J ヤマハ(1986年) 1986年はホンダとヤマハが互角の勝負を繰り広げる

マーチ86J ヤマハ(1986年) 1986年はホンダとヤマハが互角の勝負を繰り広げる

隆盛を極めた全日本F3000選手権(1987-1995)

画像: ローラT90/50DFV(1991年) ヒーローズ片山右京がインパル星野一義とのCABIN対決を制し王座に

ローラT90/50DFV(1991年) ヒーローズ片山右京がインパル星野一義とのCABIN対決を制し王座に

画像: ラルトRT35無限(1992年) こちらはF3選手権の車両、高村一明がインパルより出場

ラルトRT35無限(1992年) こちらはF3選手権の車両、高村一明がインパルより出場

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(1996-2012)

画像: ローラT97/51無限(1997年)  FNのタイヤはブリヂストンのワンメイク供給(デモ走行車両はヨコハマ製)

ローラT97/51無限(1997年) FNのタイヤはブリヂストンのワンメイク供給(デモ走行車両はヨコハマ製)

画像: ローラB99/51無限(1999年) 1999年より2005年までエンジンは無限MF308のワンメイク状態

ローラB99/51無限(1999年) 1999年より2005年までエンジンは無限MF308のワンメイク状態

画像: SWIFT FN09(2011年) 2006年よりトヨタとホンダがエンジン供給を開始

SWIFT FN09(2011年) 2006年よりトヨタとホンダがエンジン供給を開始

そして2013年より「全日本選手権スーパーフォーミュラ」へとシリーズ名を変え現在に至ります。2014年よりダラーラ製シャシーSF14を採用し、2016年にはそれまでのブリヂストンからヨコハマへとタイヤサプライヤーを変更しています。そのコンペティティブなレーススタイルは海外からも注目され、今シーズンも6名の外国人ドライバーがエントリーしています。

(PHOTO:井上雅行)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.