メルセデス・AMGのラインナップのなかでも、もっともコンパクトなセグメントに属するCLA45 4マティック。381ps/475Nmを発生する2L直4ターボエンジンを搭載したかなりホットなモデルだ。2017年3月21日、その特別仕様車「メルセデス・AMG CLA45AMG 4マティック レーシングエディション」が発表された。

メルセデス・AMG CLA45 4マティックとの価格差、なんと100万円以上!

メルセデス・AMG CLA45 4マティックといえば4輪駆動で、381ps/475Nmを発生する2L直4ターボエンジンを搭載した、かなりホットなバージョンである。同じエンジンを搭載したAクラスのメルセデス・AMGがデビューした当初、2Lターボでこんなに出力を出せるのか! と驚いたものだ。1990年代〜2000年代前半の280ps自主規制時代、スバルインプレッサと三菱自動車ランサーエボリューションがトルク増大にしのぎを削っていた頃から見ると、時代は変わったのだなと考えさせられる。

そんな過去を思い出させるネーミングの特別仕様車「メルセデス・AMG CLA45AMG 4マティック レーシングエディション」が2017年3月21日に発表された。さぞや過激なモデルなのだろうと、思いがちだが少々違う。

画像: 51台が用意される外装色カルサイトホワイトのメルセデス・AMG CLA45 4マティック レーシングエディション。詳しい仕様はまだ発表されていない。

51台が用意される外装色カルサイトホワイトのメルセデス・AMG CLA45 4マティック レーシングエディション。詳しい仕様はまだ発表されていない。

画像: こちらが39台が用意される外装色コスモスブラックのメルセデス・AMG CLA45 4マティック レーシングエディション。

こちらが39台が用意される外装色コスモスブラックのメルセデス・AMG CLA45 4マティック レーシングエディション。

簡単に言ってしまうと「装備内容をスリム化して戦略的な価格設定にしたモデル」ということだ。本革のシート素材をレザーDINAMICA(合成皮革)に、パワーシートを手動式に、COMANDナビゲーション&TVチューナーやリアアームレスト、キーレスゴーなどをレス化している。これにより車両価格を100万円以上も抑え、664万円(税込)としているのだ。

ホットエンジンを搭載して0→100km/hを4.2秒で加速する性能や、4WDによる高い走行性能などを持つAMGモデルをこの価格で買えるとなると、かなりリーズナブルだと感じてしまう。しかも、メルセデス・ベンツの安全運転支援システム「レーダーセフティ」を標準装備するのも嬉しいところ。

限定販売台数は90台で、外装色カルサイトホワイトが51台・コスモスブラックが39台となっている。全国のメルセデス・ベンツ正規販売店のAMGパフォーマンスセンターやAMG専売拠点「AMG東京世田谷」で購入することができる。発売は2017年4月上旬を予定しているという。

画像: メルセデス・AMG CLA45 4マティック レーシングエディションは、381ps/475Nmを発生する2L直4ターボエンジンを搭載。

メルセデス・AMG CLA45 4マティック レーシングエディションは、381ps/475Nmを発生する2L直4ターボエンジンを搭載。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.