ポルシェ新型パナメーラに搭載される新インフォテイメントシステム「ポルシェ・コネクト」。これはWi-Fiを利用したネット接続はもちろんのこと、価格表示付きガソリンスタンド情報、各空港のフライトスケジュールなど、多彩な情報を12.3インチの大型タッチディスプレイに表示する。その中でも注目したいのが24時間対応の「コンシェルジュ」サービスだ。世界に先駆け、日本で開始するこのサービスは、クルマに居ながら専用のコンシェルジュに色々なことをお願いできるということなので、さっそく試してみた。

24時間専用のコンシェルジュが対応してくれる

使い方は簡単で、ディスプレイに表示される「コンシェルジュ」の表示を押すだけ。既にポルシェ・コネクトに接続しているi Phoneの電話回線を通してコンシェルジュを呼び出してくれる。

コンシェルジュと聞けば素敵な女性が対応してくれるのだろうと勝手に思い込んでいたが、クルマのスピーカーから聞こえてきたのは「ポルシェ・コンシェルジュ・サービスです」という男性の声。「えっ男かよっ!」と心の中で叫んだのは、となりに座っているカメラマンも同様のようだ。

画像: コンシェルジュと話しているときの表示画面。

コンシェルジュと話しているときの表示画面。

まっ、それはいいとして、コンシェルジュにお願いしたのは「近くのイタリアレストランとフレンチレストランを教えてください」というありふれたセリフ。当然のことながらコンシェルジュはこちらの現在位置を把握しているので、そこから一番近い2軒のレストランを紹介してくれた。

「こちらでよろしければ情報をそちらに送りますので、電話をお切りになってお待ち下さい」とのこと。待つこと数秒でディスプレイに2軒のレストラン情報が表示される。これは予想したよりも早いレスポンス。あとは画面に表示されているレストラン名を押すだけで、そこまでの道のりをナビゲーションしてくれる。確かに便利だ。

この他にもホテル、レンタカー、チケットなどの予約も行ってくれる。サービスの内容は想像していた範囲のものだったが、必要なときに知りたい情報を何度でも提供してくれるのは、自分でスマホを使って検索するよりもはるかに便利だ。

このサービスは、最初の3カ月間は無償で利用することができるが、その後は年間契約が必要になる。私にパナメーラを購入する財力があるならば、絶対に契約するサービスだ。これから登場するポルシェのニューモデルに順次対応していく予定だ。

画像: コンシェルジュから送られてきた2軒のレストラン情報。好みのレストランを選択するとナビゲーションを開始する。

コンシェルジュから送られてきた2軒のレストラン情報。好みのレストランを選択するとナビゲーションを開始する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.