開幕戦の直前となる4月6日(木)、「BMW Team Studie」はスーパーGT 2017年シーズンに向けた体制発表会を行った。現チーム体制になってから4シーズン目を迎え、ドライバーの荒 聖治は「今年こそ勝ちにこだわる」と力強く決意を語る。昨年同様数多くのスポンサーとファンからの声援に支えられて、初優勝に向けた新たな挑戦が始まった。

改良進むM6 GT3を2017年も継続して採用。荒は勝ちにこだわる。

画像: 改良進むM6 GT3を2017年も継続して採用。荒は勝ちにこだわる。

ビー・エム・ダブリュー株式会社のペーター・クロンシュナーブル社長は挨拶の中で、「昨年からさらに改良が進んだこの素晴らしいマシンの性能を引き出してほしい」と、期待を語った。2014年、Studieが単独でチームを立ち上げてから3年が経ち、その間にドライバーのヨルグ・ミューラーと荒 聖治は7度、表彰台に上っている。

ただしまだその中央に立ったことはない。(株)スタディの代表でありチーム代表でもある鈴木康昭は冒頭、「着実にポイントを積み重ねて、最終戦が終わった時にトップに立っていることが目標」と挨拶していた。一方で荒は、「本当に最高のチームメイト(ミューラー)とともに、M6 GT3が最強のマシンであり最高のマシンであることを証明したい」と、勝ちにこだわっていることをはっきりと宣言した。

画像: 発表会の会場は、江東区青海にあるBMWグループの大型拠点、BMW Group Tokyo Bay。BMWグループジャパンがコラボレーションパートナーとしてサポートし始めてから、4年目に入った。包括的なカスタマー・レーシング・チームへのサポートは、たとえばワークスドライバー(ミューラー)の起用や、車体のカラーリング、デザインの提供、技術提供、車両購入にあたってのファイナンス的サポートなど、非常に多岐にわたる。

発表会の会場は、江東区青海にあるBMWグループの大型拠点、BMW Group Tokyo Bay。BMWグループジャパンがコラボレーションパートナーとしてサポートし始めてから、4年目に入った。包括的なカスタマー・レーシング・チームへのサポートは、たとえばワークスドライバー(ミューラー)の起用や、車体のカラーリング、デザインの提供、技術提供、車両購入にあたってのファイナンス的サポートなど、非常に多岐にわたる。

画像: 2017年シーズンを戦うマシンは、昨年に引き続き「BMW M6 GT3」だ。ダブルスポンサー体制ということで、ボディ右側を見ると「SABON」仕様となっているが…

2017年シーズンを戦うマシンは、昨年に引き続き「BMW M6 GT3」だ。ダブルスポンサー体制ということで、ボディ右側を見ると「SABON」仕様となっているが…

画像: 左側から見ると「Steiff」バージョンに早変わり。

左側から見ると「Steiff」バージョンに早変わり。

画像: ちなみにSteiff(シュタイフ)は、テディベアでおなじみのドイツの世界的ぬいぐるみメーカーで…

ちなみにSteiff(シュタイフ)は、テディベアでおなじみのドイツの世界的ぬいぐるみメーカーで…

画像: 「SABON(サボン)」はイスラエル発のお肌ケアのプレミアムブランドだ。ほかにも高級アイテムを扱うショップや男性ファッション誌など、さまざまなスポンサーのステッカーが、新カラーリングのボディ各所に貼られていた。

「SABON(サボン)」はイスラエル発のお肌ケアのプレミアムブランドだ。ほかにも高級アイテムを扱うショップや男性ファッション誌など、さまざまなスポンサーのステッカーが、新カラーリングのボディ各所に貼られていた。

ファンとのつながりをさらに強化するオフィシャルクラブ誕生

荒たちが目指す「初勝利」は、チームを支えるファンやスポンサーにとっても嬉しいプレゼントになるに違いない。一方で鈴木代表が目指す「最後まであきらめない戦い」をサポートしてくれそうなのが、新たなオフィシャルファンクラブの展開だ。限定イベントやミーティングなど、「究極のクラブ活動」でファンとの一体感を高めていくという。

ファンクラブに入ると、GTマシンの43分の1模型やキーリング仕様のシュタイフぬいぐるみといった、かなりレアな非売品がもらえる。「ファンとともに戦いたい」という鈴木代表の思いがこめられた新しい活動は同時に、BMW Team Studieの初優勝へとつながる強力な原動力になるハズだ。

圧倒的な「美・女子力」も強力に勝利を後押しすると予想される

最後に、ひとつ。BMW Team Studieを応援すべき重要なポイント、チーム関係の「美・女子力」が非常に高いことにも注目してほしい。「Muse」と名付けられたレースクイーンたちは、一説によると皆さんバリバリのモデルさんなのだとか。確かに存在感が普通のレースクイーンとはひと味違う。さらにホスピタリティマネージャーの「はるちゃん」ブログも、必見である。

画像: ある意味もっとも「勝利への原動力」になるかもしれない「Muse」の三人。写真左から、初音(はつね)、畑井咲那(はたいさや)、大里莉楠(おおさとりな)が、勝利の女神としてチームの雰囲気を盛り上げてくれることだろう。

ある意味もっとも「勝利への原動力」になるかもしれない「Muse」の三人。写真左から、初音(はつね)、畑井咲那(はたいさや)、大里莉楠(おおさとりな)が、勝利の女神としてチームの雰囲気を盛り上げてくれることだろう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.