1969年の登場からあと2年で50周年を迎えるフェアレディZ(北米名370Z)。その偉業を記念した特別仕様車「370Zヘリテッジエディション」が、ニューヨークショーで発表される。

2019年に迎える50周年を前に、これから限定車が続々登場するかも?

日本はもちろん、とくに北米で絶大な人気を誇るフェアレディZ(現地名370Z)。北米デビューは日本と同じく1969年なので、あと2年足らずで上陸50周年を迎えることになる。そのアニバーサリーモデルにはちょっと気が早い感もあるが、特別仕様のZがニューヨークショーで披露、「370Zヘリテッジエディション」として発売されることが発表された。

ボディカラーはシケインイエローとマグネティックブラックの2種類が設定され、どちらもボンネットやボディサイドには『370Z』のグラフィック・ストライプが入るほか、ブラックアウトされたドアミラーカバーを採用し、内装には随所にイエロー色のトリムが施されている。エンジン出力に変更はないが、マニュアルミッション車には強化クラッチも採用される。

残念ながらこのスペシャルなZの国内発売は未定のようだが、北米ではニューヨークショー出品直後に2018年モデルとして発売されるという。

画像: レーシングストライプがいかにもアメリカの走り屋風! 本当の50周年(2019年)を迎えるまでに、これからいろいろな仕様が出てくるかも?

レーシングストライプがいかにもアメリカの走り屋風! 本当の50周年(2019年)を迎えるまでに、これからいろいろな仕様が出てくるかも?

画像: 2019年に迎える50周年を前に、これから限定車が続々登場するかも?
画像: ブラックの内装にイエローのパッドやステッチが映える。

ブラックの内装にイエローのパッドやステッチが映える。

画像: エンジンはノーマルだが、マニュアル車には強化クラッチが採用されている。

エンジンはノーマルだが、マニュアル車には強化クラッチが採用されている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.