スーパー耐久シリーズで今年より新設された、TCR車両によるカテゴリー「ST-Rクラス」においてHONDA CIVICのTCR仕様「Modulo CIVIC TCR」が開幕戦で優勝、1-2フィニッシュを果たした。その模様を写真で振り返ってみる。
画像: Modulo CIVIC TCRの2リッターターボエンジンは、最高出力330ps 最大トルク400Nmを誇る

Modulo CIVIC TCRの2リッターターボエンジンは、最高出力330ps 最大トルク400Nmを誇る

画像: インテリアは純然たるレーシングカーそのもの

インテリアは純然たるレーシングカーそのもの

画像: マルチインフォメーションディスプレイとシンプルなステアリング周り、6速シーケンシャルギアはパドルシフト

マルチインフォメーションディスプレイとシンプルなステアリング周り、6速シーケンシャルギアはパドルシフト

画像: ドライバー陣は、左より 97号車の伊藤真一/中野信治/海老沢紳一、98号車の黒澤琢弥/加藤寛規/石川京侍

ドライバー陣は、左より 97号車の伊藤真一/中野信治/海老沢紳一、98号車の黒澤琢弥/加藤寛規/石川京侍

画像: 第4戦オートポリスでは97号車に土屋圭市も乗り込む

第4戦オートポリスでは97号車に土屋圭市も乗り込む

画像: 上位クラスのST-1が先行後、好スタートの98号車だが、ジャンプスタートでペナルティの判定

上位クラスのST-1が先行後、好スタートの98号車だが、ジャンプスタートでペナルティの判定

画像: 97号車が前を行く45号車LIQUI MOLY RS3 LMS を激しく追い立てる

97号車が前を行く45号車LIQUI MOLY RS3 LMS を激しく追い立てる

画像: ついにクラストップに立ち、後続との差を広げる97号車

ついにクラストップに立ち、後続との差を広げる97号車

画像: しかし97号車がピット作業で痛恨のタイムロス、すかさず98号車が前へ

しかし97号車がピット作業で痛恨のタイムロス、すかさず98号車が前へ

画像: 98号車が最後のピットイン、タイヤ交換はフロントのみ

98号車が最後のピットイン、タイヤ交換はフロントのみ

画像: 序盤のペナルティを跳ねのけ、98号車がトップチェッカーを受ける

序盤のペナルティを跳ねのけ、98号車がトップチェッカーを受ける

画像: Modulo CIVIC TCRの1-2フィニッシュ、クラス3位は19号車BRP Audi Mie RS3 LMS(総合7位)

Modulo CIVIC TCRの1-2フィニッシュ、クラス3位は19号車BRP Audi Mie RS3 LMS(総合7位)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.