2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第4戦ラリー・フランス(ツール・ド・コルス)がコルシカ島の東南部で行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)が、総合4位でフィニッシュした。
画像1: 【WRC】トヨタ、ツール・ド・コルスで4位フィニッシュ

4/9競技最終日のツール・ド・コルスのSSは全部で2本。1本目のステージである全長53.78kmのSS9で、ラトバラは4番手タイムとなり、2秒差で総合4位の座を失い総合5位に後退した。しかし、最終ステージとなる全長10.42kmのSS10で、ラトバラは堂々ベストタイムを記録。0.1秒差ながら4位に復帰する事に成功した。

SS10はボーナスのドライバーズポイントが与えられるパワーステージのため、ラトバラは第2戦ラリー・スウェーデン以来となる最大ボーナスポイントの5点を獲得。その結果、ラトバラ/アンティラ組は選手権2位の座を堅持した。

画像2: 【WRC】トヨタ、ツール・ド・コルスで4位フィニッシュ

一方、ハンニネン/リンドストローム組はSS9でコースアウト。リタイアとなり、残念ながら開幕戦からの連続完走記録を伸ばすことができなかった。

優勝はヒュンダイi20クーペWRCをドライブするティエリー・ヌービル。ヒュンダイにとって今季初優勝となり、開幕4戦を終了してすべて異なるメーカーが勝利するという大混戦となっている。

2位はフォード フィエスタ WRCのセバスチャン・オジエ組、3位はヒュンダイ i20 クーペ WRCのダニ・ソルド組が入った。

ラリー・フランス(ツール・ド・コルス) 暫定最終結果

1 ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) 3h22m53.4s
2 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア (フォード フィエスタ WRC) +54.7s
3 ダニ・ソルド/マルク・マルティ (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +56.0s
4 ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ (トヨタ ヤリス WRC) +1m09.6s
5 クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン (シトロエン C3 WRC) +1m09.7s
6 ヘイデン・パッドン/ジョン・ケナード(ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +2m16.3s
7 アンドレアス・ミケルセン/アンダース・ジーガー (シュコダ ファビア R5) +8m10.7s
8 テーム・スニネン/ミッコ・マルックラ (フォード フィエスタ R5) +9m17.0s
9 ステファン・サラザン/ジャック-ジュリアン・レヌッチ (シュコダ ファビア R5) +9m23.6s
10 ヨアン・ロセル/ブノワ・フルクラン(シトロエン DS3 R5)+12m57.1s
R ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム (トヨタ ヤリス WRC) コースオフ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.