2016年夏、(株)IDOM(旧・ガリバーインターナショナル)が、新しいスタイルのマイカーライフ「NOREL(ノレル)」をスタートした。音楽や動画などの配信サービスのように、定額制で好きなクルマを乗り換えまくるというサービスは、果たしてこれから定着するのだろうか。

在庫さえあれば自在にステップアップ可能な「大サービス」

当初、100名限定で始まった「NOREL」の本サービスは、わずか24時間で定員に達し締め切られたのだとか。スタート当時、「100車種以上のラインナップから選べるので、迷ってしまう!」という声もあったという。納車が始まった頃のプレスリリースには、「F様」というイニシャルでリアル会員のコメントが紹介されている。

この度、NOREL納車の取材に協力いただいたのは、F様。
初めは、テスラやポルシェに迷われたそうですが、最終的に選んだ車は、GLA AMG454MATIC。
このクルマは2015年に発売され、国内では限定600台の、なかなか見つからないクルマです。
さすがF様、目の付け所が違いますね!

F様の感想
『普段は家族でMPVを乗っています。もともと車が大好で、こういう形で気軽に色々な車に乗り換えられるサービスを待っていました。』

F様に代表されるこの時の会員は、月額4万9800円(税別)を払うと、好きなクルマを最短90日で乗り換えることができた。F様がどのくらいのスパンで乗り換えたかはさだかではないが、車種の在庫さえあれば、ものすごく短期で短気にステップアップを図ることも夢ではない。

毎月5万円プラスαでも、クルマ好きにはコスパ抜群と言えるだろう。当初は一都三県(東京、千葉、神奈川、埼玉)の地域限定ではあったが、ほどなく限定枠が解除されたという。そんな人気ぶりも、うなずける。

月額定額3万9800円〜の新たな料金体系へと進化

画像: 月額定額3万9800円〜の新たな料金体系へと進化

注目したいのは、「NOREL」がレンタカーでもカーシェアリングでもなく、基本的に「自分のクルマを持てる」サービスになっているところ。利用のフローは、クルマの検索から始まり、予約、納車(受取り)、利用という流れになるが、会員は納車前に住民票や車庫申請書、委任状といった登録に必要な書類を送付する必要がある。つまり、実質的にはクルマを「買う」感覚だ。

画像: norel.jp
norel.jp

次のクルマへの乗り換えは最短で90日。毎月の走行距離などに制限はあるし損傷時などは回復費用が必要になるけれど(2000kmを超えると追加料金が発生する)、対人・対物・人身傷害保険ははじめからプラン料金に含まれている。自動車税、重量税の支払いも不要で車検の手間もかからない。ちなみに予約から納車まで時間は、最短で24日間と説明されている。

プランはほかに、5万9800円、7万9800円の計3タイプが用意されている。サービスが始まった直後にHPを覗いてみたが、もっとも安いプランでも2010年式のノアやアイシスといった人気のミニバンが手に入る。気になったのはCX-5(2014年式)で、5万9800円のプラン。同じくらいの年式なら、レヴォーグやFJクルーザーといった個性派も選べる。

試してみると、本当にお気に入りの中古車を選ぶ感覚。検索するのが楽しい。年内には北関東や東海方面にもサービスが拡大される予定だという。日本全国への展開も、もちろん計画されていることだろう。これは気軽に一度、体験してみるのがオススメだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.