「星野一義ファンブック」発売まであと8日。編集作業もいよいよ追い込み、最終コーナーです。発売まで待てないあなたに、ちょっとだけ中身を先行公開。全19ページ、お楽しみ下さい。

今見てもヒリヒリする勝負師のオーラに、あの日が蘇る

星野ファン、そして日本のモータースポーツファン必読のファンブック。その一部を先行公開します。スマートフォンでもPCでもWebブラウザでご覧いただけます。

立ち読み版に収録されているのは、以下のコンテンツの一部です

SCENE.00
プロローグでは、走る闘魂の軌跡をスペシャルグラフで振り返ります。赤井邦彦さんの特別寄稿「星野一義とはどういう男なのか」も読み応えあり。

画像: SCENE.00 プロローグ motormagazine.co.jp

SCENE.00 プロローグ

motormagazine.co.jp

SCENE.01
2017年3月4~5日に開催された「鈴鹿モータースポーツ・ファン感謝デー」と、3月12日の「富士スピードウェイ50周年 ファン感謝祭 FUJI WONDERLAND FES!」で、星野さんに密着。やっぱり星野さんにはレーシングスーツが似合うぜ。

SCENE.02
年代別にレースキャリアをまとめた「星野一義クロニクル」。高校を中退、家出同然でカワサキの門を叩いた星野少年。通算133勝、栄光のヒストリーはここから始まった。

画像: SCENE.02 星野一義グラフィティ motormagazine.co.jp

SCENE.02 星野一義グラフィティ

motormagazine.co.jp

SCENE.04
「星野一義 vs R34GT-R」は、1999年1月デビュー直後のR34型スカイラインGT-Rに星野さんが、箱根の通称“HOSHINOコーナー”とオートポリスで試乗した取材を再構成。
「星野一義 vs IMPUL 537S」では、最新のV37スカイライン ハイブリッドをベースにIMPULが手を加えたマッシブ・セダンに箱根で試乗してます。

SCENE.05
特別寄稿「私が愛した星野一義」。モータージャーナリスト、チーム監督、レーシングドライバー、ホリデーオート誌の歴代星野番が語る“走る闘魂”の記憶。

「The Racing Legend 星野一義 FANBOOK」
A4変形 オールカラー132ページ 2017年4月25日発売 1800円(税込)
モーターマガジン社公式サイト↓↓↓でも好評販売中です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.