株式会社ブリヂストンとブリヂストンサイクル株式会社は、タイヤの空気充填を不要とする技術「エアフリーコンセプト」の実用化に向けた取り組みのひとつとして、自転車用次世代タイヤを開発、2019年の実用化を目指す。
画像: 4月30日(日)に福岡県久留米市、6月4日(日)に横浜市で開催するイベント「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO!」などで、「エアフリーコンセプト」を用いたタイヤを装着した自転車の試乗会を行っていく予定だという。

4月30日(日)に福岡県久留米市、6月4日(日)に横浜市で開催するイベント「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO!」などで、「エアフリーコンセプト」を用いたタイヤを装着した自転車の試乗会を行っていく予定だという。

「エアフリーコンセプト」とは?

 「エアフリーコンセプト」は、タイヤ側面の特殊形状スポークにより荷重を支えることで、タイヤへの空気充填を不要とする技術。材料にリサイクル可能な樹脂やゴムを使用することで、資源の効率的な活用にもつながるという。

今回、ブリヂストンとブリヂストンサイクルは、「エアフリーコンセプト」を用いて、パンクの心配のない自転車用タイヤを開発し、スポークに使用する樹脂ならではのデザイン自由度を最大限に活かして、従来にない次世代型自転車の提案が可能となった。

画像: タイヤ側面の特殊形状スポークにより荷重を支える。

タイヤ側面の特殊形状スポークにより荷重を支える。


エアフリーコンセプトは、すでにモーターショーなどで発表されています。
そのときには小型モビリティ用だったと記憶していますが、今回はより実用化・商品化に向けたものです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.