税制の改正で勢いが落ちたとはいうものの、それでも圧倒的な販売台数を誇る軽自動車。そんな軽自動車ってどんな経緯で出来たのか。またこの規格は日本だけのものなのか。歴史に詳しいジャーナリスト、片岡英明氏に聞いた。

戦後すぐ、1949年が軽自動車の発端

日本が生んだ偉大なスモールカーが軽自動車だ。そのルーツは庶民の足として親しまれた簡易車両のキャビンスクーターやサイクルカーにある。が、日本の風土と道路事情に合わせ、独自の進化を遂げていった。

今につながる軽自動車は、戦後の経済成長をうながすために1949年に誕生している。狙ったのは、簡単に免許を取得でき、運転しやすく、維持費も安いスモールカーだ。だが、最初は四輪車は少なく、規格そのものも流動的だった。が、1955年に通産省(現・経済産業省)が国民車構想を発表したのを機に、実用に堪えられる軽自動車が続々と誕生する。

まずスズキがスズライトを発売し、1958年にはスバル360が登場。マイカーブームの旗振り役となった。60年代後半にはホンダN360やフロンテ、フェローなどが性能を競い、ブームを牽引している。そして76年に安全性と環境性能を高めるために規格を改正した。排気量を360ccから550ccに引き上げ、ボディサイズも拡大したのだ。

画像: 1955年に発売されたスズキ・スズライト。「その後の軽自動車のあり方を示唆、歴史に残る名車」として日本自動車殿堂歴史車にも選ばれた。

1955年に発売されたスズキ・スズライト。「その後の軽自動車のあり方を示唆、歴史に残る名車」として日本自動車殿堂歴史車にも選ばれた。

画像: スバル360の発売は1958年。軽自動車の黎明期を支えた1台。

スバル360の発売は1958年。軽自動車の黎明期を支えた1台。

現行軽規格は1998年から

1990年には再び排気量を660ccに引き上げ、ボディサイズも大きくしている。そして1998年にも規格を改正し、現在に至っているのだ。今でも、登録車より税制や保険料などが優遇されている。

排気量とボディサイズには制約があり、乗車定員は最大4人だ。積載量も制限されている。
だが、最新の軽自動車は登録車と遜色ない走りを見せるし、キャビンと荷室の広さだって負けていない。維持費も安いからバカ売れしているのだ。

時代に合わせての運用が必要

全長と全幅が決まっているし、排気量も中途半端な660ccだから、軽自動車市場に参入しようと考える海外のメーカーは少ない。特異なジャパン・ドメスティックゆえに海外からはねたまれ、保護しているからバッシングを受けているのである。

 時代はスモールカーを求めているし、都市部ではスモールモビリティが必要だ。軽自動車も、海外勢が参入できるシティコミューターと800ccくらいのスモールカーに規格を広げる時代になってきたように思う。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.