クルマに関するマニアックなクイズを月曜〜金曜の朝7:30に出題するクルママニアッククイズ、通称クルマニQ。初級/中級/上級/マニア級のうち、今回は「中級」の問題。クルマ好きな方なら簡単なはずですが…。

シビックに「タイプR」が初めて設定された型式はどれ?

画像1: 【クルマニQ】 シビックに「タイプR」が初めて設定された型式はどれ?【中級編】

シビックに「タイプR」が初めて設定された型式はどれ? (ヒント:写真のクルマの型式です。)

  • A:EF9

    残念。正解は「C:EK9」でした。

  • B:EG6

    残念。正解は「C:EK9」でした。

  • C:EK9

    正解です!

  • D:EP3

    残念。正解は「C:EK9」でした。

  • A:EF9
    8
    7
  • B:EG6
    10
    9
  • C:EK9
    74
    65
  • D:EP3
    8
    7

正解は、Cの「EK9」でした。

画像2: 【クルマニQ】 シビックに「タイプR」が初めて設定された型式はどれ?【中級編】

シビックとしては4代目のEF9、5代目のEG6には、スポーツグレードとして「SiR-II」という3ドアハッチバックのモデルが設定されていましたが、タイプRはその後の6代目の「EK9」で初めて設定され、1997年8月に発売されました。

自然吸気エンジンとしては世界最高レベルのリッター116馬力を達成した1.6L VTECエンジン「B16B」型は185psを発生。FFでもFRに負けない楽しい走りを実現したスポーツホットハッチとして人気があり、販売台数は生産を終了する2000年までに1万5910台にまで達しました。EP3はイギリス生産で2011年11月から逆輸入されたモデルで、215馬力を発生する2L i-VTECエンジンを搭載していました。

画像: EF9型 シビック SiR-II

EF9型 シビック SiR-II

画像: EG6型  シビック SiR-II

EG6型 シビック SiR-II

画像: EP3型 シビック タイプR

EP3型 シビック タイプR

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.