日野は日野デュトロを、トヨタはダイナならびにトヨエース 2t 積系を改良して発売しました。
画像: プリクラッシュセーフティの作動イメージ

プリクラッシュセーフティの作動イメージ

今回の改良では、歩行者検知機能付の衝突被害軽減ブレーキと車線逸脱警報を標準装備(一部車種を除く)することで、安全装備をより充実させています。

画像: 日野 デュトロ ハイブリッド

日野 デュトロ ハイブリッド

日野 デュトロのハイブリッド車は平成27年燃費基準+15%、ディーゼル車のうち6速AT車は同+5%を達成しています。このほかの車型も含め、日野デュトロのハイブリッド車およびディーゼル車はすべて ASV減税またはエコカー減税の対象となります。

一方、トヨタ ダイナ&トヨエースは、ディーゼル車の一部で「平成28年排出ガス規制」に対応し、AT車は従来型に対し燃費が 7~5%向上しました。さらに、TECS(メーカー完成特装車)にも同様の改良を施すとともに、アルミバンのラインアップを一層充実させています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.